UNISON UNISON SQUARE GARDENの

    Home / IT / UNISON UNISON SQUARE GARDENの

UNISON UNISON SQUARE GARDENの

0

UNISON UNISON SQUARE GARDENの。歌詞の内容は自分たちのスタイルの「紹介」から、それを共有しようとする「呼びかけ」への変化だと思います。UNISON SQUARE GARDENのプログラムcontinued 15th styleについて プログラムcontinuedから歌詞が所々変わってる所がありますが、それぞれどんな意味があるのか教えて欲しいです… 特に 「時々は聞いていないフリ」→「大事なものはもっとある」の意味が知りたいです… また、どちらも「耳を塞いだあの日から」という歌詞がありますが、これは結成日の事を言っているんでしょうか 耳を塞ぐ、という意味が分からなくて ( ; ; ) どうかお願いしますm(_ _)m「UNISON。月日発売 ライブ-/「
『プログラム』 」。 面
ツアー会場限定予約特典のデザイン発表!

UNISON。結成周年記念ライブとして月日… コンビニ
受け取り送料無料! ポイント使えます!
『プログラム』 初回
限定UNISON。ユニゾン結成15周年ライブ。の結成周年記念ライブ「プログラム 」が。
昨日月日に大阪?舞洲スポーツアイランド太陽の広場特設会場で開催された
。UNISON。の&#; オフィシャルサイト内ページ
では最新ニュース。ライブ情報。
『プログラム』 -初回
限定盤unison。

歌詞の内容は自分たちのスタイルの「紹介」から、それを共有しようとする「呼びかけ」への変化だと思います。そしてそれは、5年経ってファンとの関係性を確立できたことに対しての自信の現れだと個人的に思っています。5年前、すでに世界の音流行りの音楽、ライブ手法?よりもだいじなもの自分たちの音楽やスタイルがあるのは知っていたけど、それをファンと共有できる自信がなかった。某ヒット曲で急にファンが増えてしまったこともその要因かだから自分たちは「聞いていないふり」をしている、と「紹介」するにとどめた。それから5年やってきた。CDリリースとライブを繰り返す中で、自分たちと価値観を共有できる客が増えてきたことを確信できた。だから彼らは「だいじなものはもっとある」って自分たちと同様に思ってくれているファンへと「呼びかけ」た。プログラムcontinuedの歌詞は他のユニゾンの歌詞にちなんでいるので調べてみました。15th styleで歌詞が変わっているところはプログラムcontinued15thじゃないほう以降に出た曲からとっているのだと思います。例えば、「ざまみろ」は「春が来てぼくら」から来ていると思われます。「君の瞳に恋してない」に「大事なもの」という歌詞が出てくるので、これにちなんでいるのではないでしょうか。私の推測ですが、?世界の音?を聞くよりももっと大事なもの音だったりことがあるってことなのじゃないですかね。?耳を塞いだあの日から?は上の回答者様が仰ってる通りかと思います。そのあとに?5000日ちょっとぐらい?という歌詞がありますがそれは、15年=5475日ということです。デビュー曲の?センチメンタルピリオド?の歌詞の中に『高性能のヘッドホンなんで世界の音も聞こえません』という歌詞があります。多分『耳を塞いだあの日から』という歌詞はこの歌詞からきているのでは…?伝わりづらい文章ですみません ♂?1つ目は私もよく分かりませんでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です