5分でわかる 大学の面接最近気になるニュース 私が最近気

    Home / IT / 5分でわかる 大学の面接最近気になるニュース 私が最近気

5分でわかる 大学の面接最近気になるニュース 私が最近気

0

5分でわかる 大学の面接最近気になるニュース 私が最近気。学部にもよると思いますけど食品ロスと自給率は関係ありません日本の場合どう頑張っても食料自給率が100%になることってないんですね日本中の農家にしても無理それぐらい人口が多いですし土地に限界があると言うことですそれに食料の問題とエネルギー問題は密接しています日本の場合、石油などのエネルギーは全て海外製ですつまりエネルギーが止まると言う事は食料問題に直結することになります逆に言うとエネルギーを購入できれば食品も問題なく購入できます近年、農家の仕事でもトラクターなどを使いますし輸送にはトラックを使います農業の生産をするにしてもエネルギーが必要なのでどのみち日本で農業をやろうとするととんでもない金額になります牛を育てて牛乳や肉にするにしても日本の場合牧草で育成することが不可能です理由は牧草が育つ速度より、家が牧草食べる量が多いから最近ではこれを応用して森林改革をしている県もある位食欲旺盛な生き物なんですそのためとうもろこしなどを配合飼料に頼る必要性があります栄養バランスなども考慮して味の素は家畜飼料様にビタミン強化剤などを販売しています牧草を輸入するにしても配合飼料を使うにせよこれまたエネルギーが必要なので結果的にエネルギーがない限りどうにもならないんです最近でこそベビーリーフやキノコのように工場で栽培できる食品も増えたお陰で海外に工場を作って直接販売するなどと言う国も出てきています日本の野菜関係の優れている分野は葉物野菜、そういうものを海外に出すと言うのであれば話は変わってきますけど市場形態として日本の食料自給率を上げる事はかなり無理があります400万円年収あるとして日本とベトナムだったらどちらの方がこの400万に価値があると思いますか。大学の面接(最近気になるニュース) 私が最近気になったニュースは、食品ロスは「はかるだけダイエット方式」で20%減るというニュースです 世界が発展途上国に援助している食品の量は年間約320万トンですが、日本はその2倍の640万トンもの食品を無駄にしています 日本は食料自給率が低いにもかかわらず、外国から輸入した食品の多くを廃棄していることになります 食品ロスを減らすことは食料自給率を上げることにも繋がるので、国内産の食品を大事に使った方がいいと思います 添削をお願いします 2021年版「最近の気になるニュース」面接での魅力的な答え方。私は面接で「最近の気になるニュース」を聞かれると知りましたが。どんな ニュースを選べばいいの

面接でニュースについて質問されたらどう回答する。面接で気になるニュースを聞く意図のつとして。「応募者の人物像を知ること」
が挙げられます。ニュースといっても。最近気になったニュースは。年度
の訪日外国人数が過去最高を更新したことです。訪日人数で5分でわかる。面接で「最近の気になるニュース」を聞かれたら?元人事が答える 就活
ぶっちゃけ相談 面接で聞かれることがある「最近のニュースで気に
なるものは?」という質問。どんなニュースを選べばいいのか。どのように感想
を面接で気になる最近のニュースを質問されたときの正しい答え方と。私もグローバルで活躍する人材として成長し。御社のビジネスに貢献したいと
考えております。 例 ?アイドル時代から大ファンだった女優さんの
不倫のニュースが気になります。

面接で最近の気になるニュースを聞かれたら。こないだ面接で気になるニュースについて聞かれてつまってしまいました」
という声を多く聞きます。大学卒業後。アミューズメント業界で接客と店舗
管理。人材教育を経験。不動産業界を経験したと質問されたら。「最近気に
なったのは。○○のニュースです」と。結論ファーストで述べることが大切です
。これは最近のニュースについて面接で聞かれる意図好印象な回答例と。ここからは実践編として。最近の気になるニュースを答えるための有効な準備
について紹介します。決して難しい準備は必要ありません。誰でも日頃からの
心がけで。すぐにできるようになる方法を二つ紹介します。ぜひ

学部にもよると思いますけど食品ロスと自給率は関係ありません日本の場合どう頑張っても食料自給率が100%になることってないんですね日本中の農家にしても無理それぐらい人口が多いですし土地に限界があると言うことですそれに食料の問題とエネルギー問題は密接しています日本の場合、石油などのエネルギーは全て海外製ですつまりエネルギーが止まると言う事は食料問題に直結することになります逆に言うとエネルギーを購入できれば食品も問題なく購入できます近年、農家の仕事でもトラクターなどを使いますし輸送にはトラックを使います農業の生産をするにしてもエネルギーが必要なのでどのみち日本で農業をやろうとするととんでもない金額になります牛を育てて牛乳や肉にするにしても日本の場合牧草で育成することが不可能です理由は牧草が育つ速度より、家が牧草食べる量が多いから最近ではこれを応用して森林改革をしている県もある位食欲旺盛な生き物なんですそのためとうもろこしなどを配合飼料に頼る必要性があります栄養バランスなども考慮して味の素は家畜飼料様にビタミン強化剤などを販売しています牧草を輸入するにしても配合飼料を使うにせよこれまたエネルギーが必要なので結果的にエネルギーがない限りどうにもならないんです最近でこそベビーリーフやキノコのように工場で栽培できる食品も増えたお陰で海外に工場を作って直接販売するなどと言う国も出てきています日本の野菜関係の優れている分野は葉物野菜、そういうものを海外に出すと言うのであれば話は変わってきますけど市場形態として日本の食料自給率を上げる事はかなり無理があります400万円年収あるとして日本とベトナムだったらどちらの方がこの400万に価値があると思いますか?どう考えても物価の安いベトナムの方が裕福な生活ができると思いませんか?日本が海外に市場を移す理由は同じ給料払っていて文句を言う人よりも喜んで働いてくれる人の方が生産効率が良いと言う判断をしたからですその辺を考えれば日本の農家が儲かるシステムにするしかありません千疋屋のように高付加価値がついている果物を販売するならいいですけどね申し訳ないですがこれをどの学部の教授に発言しても矛盾点疲れて終わりだと思いますよ理系ならエネルギーの観点、文系なら経済関係で確実に論破されます最後の一文がとってつけた印象を受けます。食品ロスと国内産食品の取り扱いとは、直接的な関係にはありません。輸入食材であっても大切にすべきでは?と思わせてしまいそうです。それに、あなたの中では食料自給率の向上が善と信じてるからこそ、その文章なんでしょうが、立場が違えばそうとも言えません。例えば、貿易収支の不均衡を問題にしてる人だと、食料の輸入拡大で貿易黒字を改善したいと考えるかもしれません。また、和食ブームに乗っかって、食材の輸出拡大を目指すべき、という人もいるかもしれません。このあたりは面接官に問われるのではないかな、と感じました。その食品ロスを自分の問題に落とし込んで、自分の日常生活の中で食品ロスにつながることをしていないか?もししているならば今後の行動をどう改めなければいけないか?というような自分の意見を盛り込んだ方が良いよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です