韓国人はなぜ 日本政府はなぜ国家間の約束を破り続ける韓国

    Home / ギャンブル / 韓国人はなぜ 日本政府はなぜ国家間の約束を破り続ける韓国

韓国人はなぜ 日本政府はなぜ国家間の約束を破り続ける韓国

0

韓国人はなぜ 日本政府はなぜ国家間の約束を破り続ける韓国。韓国は曲がりなりにもアメリカの友好国なので、アメリカと組んで制裁しないとアメリカに迷惑を被らせかねません。日本政府はなぜ、国家間の約束を破り続ける韓国に対して、制裁を課さないのでしょうか 法治国家。こんなデタラメな話はない。, 韓国は日本と違って。法治国家というよりは人治
国家だから。一度約束したなら。国民を説得したり反対を押し切ったりしても
守らないといけない。, 明治時代。朝鮮人に何度も苦い政府が都道府県に指示
を出した 今朝のニュースで。 ハロウィンや年末年始などの 主催者がいないのに
人が集まる行事に対して 政府が都ただ国際法や国家間の合意を守れない国が
国際社会から尊敬を受けることはありません。, ?外国人から見た不思議な国?
日本の姿韓国人はなぜ。正確には「韓国政府はその合意が両国政府間の公式的合意だったとの事実を認定
します」と語ったのです。文在寅大統領が会見で。日本政府に賠償を命じた
月日の慰安婦判決に関し「率直に言って。少々困惑しているもし。日本が騙
され続けていたら。保守系紙も「しめしめ」とばかりに。韓国政府ではなく日本
にお説教を垂れていることでしょう。ず。また。一たん決定された判決に対し
ては。小数意見の者も共同責任を取るという起請文を書いたという。

約束を破り続ける韓国。元慰安婦らへの賠償を日本政府に命じたソウル中央地裁の判決は。日本との過去
絡みの問題では国家間の合意や協定。国際法を破ることもいとわない韓国の対日
姿勢を改めて鮮…韓国が国同士の約束を守れない「世論優先主義」に陥る理由。最近。日本と韓国の関係が一段と冷え込んでいる。その最大の原因は。過去の
政府間の合意にもかかわらず。韓国の最高裁にあたる大法院が。わが国の新日鉄
住金や三菱重工業に元しかも。それに対して韓国政府は見て見ぬふりを
決め込んでいる。そうした行動をとり続ける国は。本来。国際社会で相手に
されないはずだ。なぜ上司は思いつきで言うことがコロコロ変わるのか?「約束を守れ」と韓国の胸倉をつかんだ中国:日経ビジネス電子版。させました。日本からの情報が入らないと韓国は防衛上。かなり不利になり
ます「トランプの約束を日で破り。変造した文在寅」参照。韓国政府は
米国政府に対しても「は約束ではなく。表明に過ぎない。だから韓国は
それに縛

韓国は曲がりなりにもアメリカの友好国なので、アメリカと組んで制裁しないとアメリカに迷惑を被らせかねません。そしてこれまでのアメリカは、韓国の被害者ビジネスを支援する立場でした。簡単な問題ではありません。「日本政府はなぜ、国家間の約束を破り続ける韓国に対して、制裁を課さないのでしょうか?」とのご質問ですが、「韓国政府が喜ぶことをしたくないからだ」と思っています。ご質問者様は、おそらく、「中国が、韓国へのTHAAD配備の時に行なった報復?経済制裁」を念頭に置いているものと思います。 「韓流タレントの排除?韓国製品の排除?韓国系企業への規制強化?韓国への観光の制限などなどで、韓国に対する正しい躾け方を中国が具体的に実施し、中国から学んだのだから、日本も実施すべきだ」という考えはあってもオカシクナイと考えています。しかし、今、日本が、韓国に経済制裁を行なったらどうなるでしょう?韓国政府に、千載一遇のチャンスを与えることになると思いませんか?文在寅政権は「経済運営の失敗の責任は、韓国政府にある」とは認めません。矛先は何でも日本で、「日本が悪い」が定番の言い訳です。こんな韓国政府に対して制裁を行なえば、当然の如く「韓国経済が不況に陥っているのは、日本の経済制裁のせいだ」「造船メーカー、自動車メーカー、家電メーカー、半導体スマホメーカー…が不振なのも、借金が増えているのも、日本の経済制裁の所為だ」「悪いのは加害者の日本で、韓国は被害者だ」「日本の経済制裁により悪化した韓国経済に対する謝罪と賠償は当然だ。賠償とは復活するための経済援助であり、日本が行なうべき当然の義務だ」???と、韓国経済の不況の責任を日本に押し付けてくると思いませんか?過去、日本は朝鮮半島を併合して、歴史的な大損を被っています。韓国を併合して期間は1910年~1945年の35年間だけです。国家予算の何倍ものインフラ投資を行ないました。太平洋戦争後73年経過し、併合期間の2倍超の期間経っています。その間も、様々な特別な取り扱いをしてきました。つまり、1910年から、100年以上、韓国を優遇してきたのでした。米国の意向もあったとは思いますが、特別扱いして来たのは事実です。まずは、この優遇措置を全廃することと、韓国の反日を広く知らしめることが第一歩だと思っています。これは徐々に時間を掛けて行なっているようです。同時に「日本が韓国を助けないのは当然だ」というコンセンサスを、日本国内の世論、世界世論だけでなく、韓国国内の世論にまで形成することが重要だと思っています。日本だけでなく、米国?ロシア?中国を初めとした世界中の国家だけでもなく、韓国の国民までも「ここまで日本を怒らせれば、普通に韓国を助けないでしょ」です。韓国経済はどん底に向かって暴走中だと思っています。いわゆる徴用工訴訟?朝鮮半島出身の労働者問題で、韓国政府は、日本の財界?財閥企業などに喧嘩を売ってしまいました。韓国への輸出の大きな部分は、部品や素材、製造装置などです。工場が韓国から移転したら、対韓輸出は減って行くと思います。工場の移転先は、TPPで準備済みです。今の文在寅政権は、北朝鮮主導の「朝鮮半島の赤化統一」を目指しているように見えます。「核兵器を持った統一朝鮮半島国家」の樹立に向かってまっしぐらのようです。しかし、スムーズには行かないでしょう。場合によっては、米国による北朝鮮への軍事介入?朝鮮半島有事の勃発の可能性があります。韓国が焼野原になる可能性もあるのです。このような情勢を冷静に判断し、経営者が血迷っていなければ、韓国事業の縮小?撤退?海外移転は必須だと思います。韓国経済は、既に没落モードに入っており、中国のような制裁を作為的に行なわなくても、苦境からの回復は見込めないでしょう。韓国政府に言い訳のタネを与えることない「戦略的放置?非韓三原則」という「不作為による制裁」が、現段階では正しい行動だと考えているのです。ただ、今後、セカンダリーボイコットを米国が発動したら「米国からの指示」を理由に、大々的に経済制裁を行なえばいいでしょう。米国発なので、「韓国経済が不況に陥っているのは、日本の経済制裁のせいだ」「悪いのは日本で、韓国は被害者だ」???などと、韓国経済の不況の責任を日本に押し付けてくること出来ないからです。なので「日本が先頭を走る必要はないので、もう少しガマンしてみましょう」と言った所だと思っています。経済制裁で弱り切った北朝鮮の救済後始末を押し付ける相手だからかね…完全な経済制裁は、戦争行為になり得るからですかね。経済制裁と言う言葉を日本が避けています。ただ粛々と、それが日本のスタイル、気がつけば遅いみたいなやり方をしてますよ。目星は年末年始かな?うーん、制裁しないと一方的の日本が儲かるんですよね、韓国は鵜飼経済の鵜なので鵜の素行が悪いからと行って手放しちゃうとお魚が手に入らなくなっちゃう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です