集合の濃度と可算無限?非可算無限 数学における無限とは何

    Home / ギャンブル / 集合の濃度と可算無限?非可算無限 数学における無限とは何

集合の濃度と可算無限?非可算無限 数学における無限とは何

0

集合の濃度と可算無限?非可算無限 数学における無限とは何。全く関係ない話から???無理数は分かりますか。数学における「無限」とは何ですか 高校2年でわかる範囲でお願いします 集合の濃度と可算無限?非可算無限。有理数と実数の間には濃度の意味でギャップがあります。証明には対角線論法
というものを用います。 可算無限と非可算無限 正の整数全体の集合自然数?整数?有理数?無理数?実数とは何か。自然数とは。物を数えるのに使う「,,,…は「0も自然数に含まれる」
という流儀もありますが。少なくとも中学?高校数学においては「0は自然数に
含まれない」でです。①整数は。有理数に含まれます。=/のように整数
はすべて「整数の比」で表せるからです。円周の求め方?円周率とは何か?
なぜ無限に続くのかを説明。条件付き確率からわかる判別の知恵

全く関係ない話から???無理数は分かりますか?√で表せられる数字です。コレ、整数に直そうもんなら、無限小数で果てが無いです。だからこそ√という記号を用いて無限小数を表します。さて、ところで無限というのは先ほどもありました通り、限りが無いです。一応算数で単位の最大を無量大数と習ったと思いますが、それでは表しきれません。だって、無限、限りが無い数値ですから???確かに、その羅列は実数で表せられる1,2,3,4,5,6,7,8,9,0でしょう。ですが、桁数は不明。それこそ、明記的に表せられません。まぁ、無限という言葉で表せられないことも無いですが???ようするに、読んで字のごとく、その扱いで概ね正しいかと思います。無限大と無限は違うものです。0を含む自然数のどれかと一対一対応ができることを有限といい,それができないことを無限といいます。無限大という言葉は,値が限りなく大きくなることを標語的に表現するために使われます。1,2,3,4,5,—————と数えて、最後の数!ところで、何を数えるかが数学では論じられている。上記の様に整数の数を数えると無限になってしまう。実数を全部数え上げると無限になってしまう。でも、どちらの無限が多いか?後者の方は多い。他の集団とも比較している。そして、いくつかの種類があることが分かっている。「この値」と決まった数ではありません。「いくらでも大きくなることができる数」と考えた上で問題を解くとスッキリすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です