重慶/重慶爆撃 重慶爆撃の爆撃目標を教えてください 重慶

    Home / ショップ / 重慶/重慶爆撃 重慶爆撃の爆撃目標を教えてください 重慶

重慶/重慶爆撃 重慶爆撃の爆撃目標を教えてください 重慶

0

重慶/重慶爆撃 重慶爆撃の爆撃目標を教えてください 重慶。無差別でいいと思います。重慶爆撃の爆撃目標を教えてください 重慶爆撃を調べているのですが戦史叢書検索では出てきません(使い方が悪いだけかもしれないが) よく重慶爆撃は民間人を目標とした無差別爆撃だったと言われますが経済制裁等によって資源も限られていた日本軍がそんな無駄なことをするとは思えません(敵国民の士気を低下させる効果としては期待していたかも知れませんが) 日本軍が目標とした具体的な建造物等を教えて頂きたいです ググッてもあからさまな左翼や共産党やレコードチャイナ等の偏った意見ばかりでろくな事が書いてありません重慶/重慶爆撃。日中戦争中の1937年12月。中国国民政府の首都南京が日本軍の総攻撃を
受ける前にここに遷都した重慶国民政府日本軍は数度にわたって激しい
重慶爆撃を行ったが。陸上部隊で攻撃することはできなかった。爆撃目標は「
戦略施設」に限られ。第三国施設などは除外されていたが。重慶は霧が深く。
大体の見当で投弾され。日本のマスコミは中国政府が重慶を反日教育の拠点
にしているためであると非難する論調が多かったが。まず事実を直視することが
大切であろう

犠牲者46万人???米軍はなぜ日本に非人道の無差別爆撃を続け。本書にも「スペシャル 戦争の真実シリーズ」のナンバーが振られている。
「なぜ空襲がこれで一気に日本を追い込むぞ。と米軍は目標施設への空襲を
くり返す。これはすでに日本が。中国との戦争の中で。重慶爆撃でやっていた
こと。回以上の爆撃で万人以上の犠牲者を出している。独英戦市民団体
なども独自に調べてきた。本書におすすめの本を教えてください。重慶爆撃の爆撃目標を教えてください。『都市空襲の記憶。現地の人たちの助けになることなら。どんな小さなことでも力を貸してください
。重慶大爆撃は。日本においては南京とちがい。議論すらおこらない「忘れ
られた戦争」になっているのかも知れません。つか。タクシーのおいちゃん
トークは。その近道を教えてくれていたのだと。いま思い返すとわかるのです
目標の総貯水量億立方も。日本にあるダムの貯水総量のおよそ2倍!
勉強したことを現地でさらに詳しく調べてみたくて。出かけています。

重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争。また重慶爆撃とは何だったのか―もうひとつの日中戦争もアマゾン配送商品なら
通常配送無料。購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
日本政府はそのたびに。「爆撃は地上作戦の支援と不可分」。「軍事目標に向け
た精密攻撃に限定している」などと弁明し。「誤爆」爆撃に関する基本的な
資料にも触れており。重慶爆撃について調べたい人の要求にも応えられる一冊。重慶爆撃における日本軍爆撃戦術転換の要因。本研究は。空爆史上重要な事例である重慶爆撃を中心に。軍事目標主義を当初は
標榜した日本軍 が。どのようにして大規模かつ無差別爆撃。すなわち一般市民を
目標とした「空からの殺戮テロ」に 変貌していったのかを明らかにすることを

無差別でいいと思います。蒋介石率いる国民党軍が南京を放棄して重慶へ臨時遷都したのですからその蒋介石率いる国民党国民党軍が爆撃目標です。しかし爆撃目標が空の上からでは区別ができないので民間人も巻き込まれてしまったことになります。アメリカが行った都市部への無差別爆撃も日本の産業の底辺を支えているのは民家などで作業する小規模手工業という理由で焼夷弾を落としました。日本軍は昭和十三年二月十八日から昭和十八年八月二十三日にかけて、五年半で二一八回、中国の四川省すーちゅあんしゅー重慶ちょんちんと成都ちょんどう市、楽山ろーしゃん市、自貢ずーごん市、合江ほーじあん県、松藩そんふぁん県を無差別空襲している。延べにして九〇〇〇機の飛行機が出動、一万一五○○回以上爆撃を加えている。一万一○○○人以上が死亡し、同じく一万数○○○人以上が負傷し、一万七六○○棟を超える家屋が損壊、市の中心部はほとんど破壊された。歴史上最初の戦略爆撃である。この重慶空襲で日本軍が歴史上初めてエレクトロン焼夷弾を使用した。エレクトロンの弾体中にテルミットを充填、発火装置と尾翼を付した構造で、重量約二○キロ。落下後弾着の衝撃で発火装置に着火、テルミット点火剤からテルミット酸化鉄七六%、アルミニウム粉二四%、さらに弾体のエレクトロンマグネシウム九二~九六%、アルミニウム八~四%の合金を激しく燃焼させる。放出温度は二○○○~三○○○度に達し、一○~一五分間以上発し続ける。白熱して燃え、消火は困難。酸素供給を断ってもしばらく燃え続ける。二○センチのコンクリート屋根を貫通する威力を持つ。九八式七番六号焼夷爆弾六○キロ。ベンジンとパラフィンとの混合からなる固形油焼夷剤九?七八キロを詰めた。着弾して発火すると約五メートルの火柱と黒煙を上げて燃え、固形油脂剤が溶け出して舐めるように床一面に火焔を拡大させる九九式七番六号焼夷爆弾二型油脂焼夷弾。民家の屋根を通過する程度の衝撃でも瞬間的に発火するよう改良されたものであった。陸軍一○○式五○キロ投下焼夷弾は、炸裂すると、黄燐溶液を吸収させたゴム片と火炎剤を鉄製の弾体に詰めてあり、炸裂するとゴム片は空気に触れて発火しながら火焔団子となって一○○メートル四方に飛散した。黄燐は空気にふれると自然発火し、さわった人に火傷を与えるだけでなく、その悪臭や発煙も甚だしかった。可燃物に付着すると消火が困難で、人体の場合皮膚を貫いて内部でくすぶり続けた。それらで世界初の絨毯爆撃を行なった。特に飛行第六○戦隊は、浜松陸軍飛行学校での重爆の用法研究の結果も参考に、三六機の特別編隊通常は二七機によって、重慶などの市街地を爆撃している。昭和十三年十二月、陸軍第一飛行団長は「重慶市街ヲ攻撃シ敵政権ノ上下ヲ震撼セントス」と指示しており、市街地を標的にしたことがうかがえる。日本軍の重慶空襲は、「戦政略爆撃」なる名称を公式に掲げて実施された世界最初の「意図的?組織的?継続的な空中爆撃」だった歴史的事実である。当時の中国臨時首都?重慶にたいする昭和十三年から昭和十八年にかけての空襲は、ロンドン、ベルリン、東京、どこの国の首都よりも早く、また長期に、そして、もっとも回数の多い「対都市爆撃」の実行例となった。そのような「歴史的先行性」をもっている。重慶には、政府機関や各国大使館、工場、大学、新聞社などがあり、六八万七九○○人の人口があった。その臨時首都への、ほしいままにひとしい攻撃。加害者と被害者の固定された一方的な関係。つまりこれは、一種の虐殺であった。そこに、重慶空襲にはじまる「戦略爆撃」の本質がある。日本軍による初の都市空爆は、満州事件の際に関東軍独立飛行第八中隊偵察と第一○中隊戦闘により実施された昭和六年十月八日の錦州爆撃である。戦闘爆撃機五機、偵察機六機が二五キロ爆弾七五発を投下したが、被害は軽微だった。日中戦争期に於いて、日本軍の中国に対する空襲は、総計回数一万二五九二回、延べ機数六万二九○六回、投下爆弾数二四万一三○四発内、焼夷弾一万九八四四発である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です