税務署から連絡が 税務署がマイナンバーなどから調査して不

    Home / ギャンブル / 税務署から連絡が 税務署がマイナンバーなどから調査して不

税務署から連絡が 税務署がマイナンバーなどから調査して不

0

税務署から連絡が 税務署がマイナンバーなどから調査して不。マイナンバーが出来て脱税が出来なくなる。「税務署がマイナンバーなどから調査して不正を確認する」
と言う話は嘘出鱈目なんですか 税務署から連絡が。税務調査は。不正を疑われている場合など一部のケースを除いて。税務署
または国税局からの事前通知の後に指定の期日に行税務代理権限証書
税理士が税務署に提出する書類に納税者の同意の記載があれば。個人や会社
ではなく。顧問税理士あてに税務法人が用意しておいた方が良い税務調査に
かかわる資料は以下のとおりです。書類の準備と同時に確認したいのが。資料
に記載や印紙貼付等の漏れがないか。不透明な部分がないかどうかの確認です。総務省。個人番号利用時における本人確認の方法; マイナポータル; 特定個人情報保護評価
書これまで。市区町村役場。税務署。社会保険事務所など複数の機関を回って
書類を入手し。提出するということがありました。マイナンバー制度の導入後は
。社会保障?税関系の申請時に。課税証明書などの添付書類が削減されるなど。
面倒な手続が簡単になります。マイナンバーが漏えいして。不正に使われる
おそれがある場合を除いて。番号は一生変更されませんので。ぜひ大切にして
ください

マイナンバー制度「よくある質問とその答え」。これまでも。例えば。福祉サービスや社会保険料の減免などの対象かどうかを
確認するため。国の行政機関や地方公共保護。児童手当。その他福祉の給付。
確定申告などの税の手続で申請書などにマイナンバーの記載が求められます。
ただし。マイナンバーが漏えいして不正に用いられるおそれがあると認められる
場合には。本人の申請または市町村長の出生届の提出後や海外から転入した時
などに。マイナンバー通知書類がご自宅に簡易書留で郵送されます。東京都主税局<社会保障?税番号マイナンバー制度について>。マイナンバー制度は。複数の機関が保有する個人情報を同一人の情報である
ということを確認するためのものであり。社会保障?番号が漏えいし。不正に
使われるおそれがある場合を除き。変更されませんので。大切にしてください。
主税局で使用している税務システムは。外部ネットワークと切り離しており。
特定個人情報個人番号を含む個人情報が マイナンバー個人番号を
記載した申告書?申請書などの税務関係書類を都税事務所へ提出する際の本人
確認はどの

恐ろしい。税務署は具体的にどのような脱税の手口をチェックしているのか。特定の営業
時間の売上を抜いていれば不自然な点が浮かび上がってきますから。それを
手がかりに不正を見破るのです。あるいは調査官が客を装って来店し。伝票に
小さなしるしを付けておき。数日後に税務調査に入った際にその伝票が存在する
かどうかを確認するのです。さらに今後。マイナンバーと預金口座が完全に紐
付けば。隠し預金口座を利用した脱税は不可能と思ってください。マイナンバーの詐欺にご注意ください。マイナンバーを利用する際には。必ず。カードに記載されている番号の確認と。
ご本人の身分証明書などによる。本人区役所や税務署などの行政機関や金融
機関などが。マイナンバー制度の導入にともない。口座番号や所得情報。マイ
総務省から。『マイナンバー確定のお知らせ』という件名で。『マイナンバー
制度が確定したので。記載のにて確認してなどにより。マイナンバーの
安全管理対応の困難さなどを過度に誇張した商品販売や不正な勧誘などには十分
注意して

恐ろしい。さらに。仕入内容?金額と売上との対比等で不審点と不審金額を推計して両面
から調査を進めます。このシステムにアクセスし。日本全国の法人企業。個人
商店。個人事業主などの税務情報をチェックして脱税調査に役立てているのです
。さらに今後。マイナンバーと預金口座が完全に紐付けば。隠し預金口座を
利用した脱税は不可能と思ってください。売上除外と同様にこちらの不正も後
を絶ちませんが。税務署の調査の網にかかるとまず逃れられません。慌てず事実のみを伝える。反面調査によって不正行為が発覚し。取引先との関係が悪化するケースも少なく
ありません。ここでは。反面調査の意味を再確認するとともに。自社が反面
調査を受ける際にどのように行動すればよいのか考えていきます。この結果。
調査官が「この会社だけでは調査は完了できない」と判断して。反面調査が実施
されます。税務調査の対処法を紹介する書籍やホームページなどでは。「納税
者の了解のない反面調査は違法」「納税者の了解のない反面調査は

不審な電話や振り込め詐欺にご注意を。また。国税庁国税局?税務署を含むでは。還付金のお知らせや受取口座情報
等を確認するメールを送信することは税務職員を名乗る者から電話などがあり
。その内容について不審に思われた場合には。即答を避け。相手の所属部署。
税務職員を名乗る者からの電話で。マイナンバー制度アンケートや年金受給調査
と称して。個人情報を聞き出そうとする事例が発生してい税務職員を名乗る者
が。「あなたに送付すべき滞納通知を同姓同名の別人に間違えて送付してしまっ
た。

マイナンバーが出来て脱税が出来なくなる?100%デマです。そんなデマを流しているのはネトウヨだけです。国民は国家にマイナンバーで監視されればいいとか、軍備増強のために消費税増税大賛成とか、戦後の国民主権や基本的人権のある憲法を憎んで戦前の国民が人権を主張しない全体主義国家に戻せとか そんな連中ばかりですよ。つまり 国家と国民の関係で 税制にしろ人権にしろ国民を一方的に不利にする法制度に賛成している全体主義者ばかりですよ。そんな連中は「マイナンバーが出来て脱税が出来なくなる」とデマを流すことにより マイナンバー制度を批判する人間が悪いことをしているかのように印象操作を狙います。でも 「マイナンバーが出来て脱税が出来なくなる」なんていう人は荒唐無稽なものばかりです。①もしマイナンバー制度で脱税が摘発できるならば 今頃風俗業界なんか大騒ぎですよ。でも風俗が摘発されたとかそんな話はありませんよね?知恵袋でも「マイナンバー制度で風俗店が摘発されて潰れた」とか「副業禁止の昼職にバレ解雇された」とか「親にバレて家族関係が壊れた」とかそんな質問は皆無です。②世界のマイナンバー制度国民総背番号制の実態を見るとオーストラリアは1987年に廃案ドイツ 憲法違反判決ハンガリー 憲法違反判決アメリカ 犯罪大国 国防省の関係者は狙われやすいので番号制から離脱韓国 犯罪大国 イギリス 悪用のためたった5年で撤回廃止フランス ドイツやイギリスを例に導入せず世界は明らかに脱国民総背番号制です。例えば マイナンバー制度をはっきり拒否したオーストラリア ドイツ ハンガリー イギリスなど脱税国民だらけなんですかね? 違いますよね?アメリカでは 脱税密告に懸賞制度がついており、密告者には追徴課税などの分け前を3割貰えます。そして毎年日本円で1500億円支払われています。つまり番号制など脱税防止に役に立ってないから懸賞制度があるわけです。③日本で所得を調べるのはマイナンバーは無関係でマイナンバーが脱税防止と無関係であることは大臣がはっきり国会答弁で明言しています。以下③について詳しく触れるとマイナンバーが導入される前から所得の把握は完璧でマイナンバーの入る余地はありません。口座資産は開設時に本人確認がされます。2003年の本人確認法と2008年の犯罪収益移転防止法によるものです。これとは別に 国税庁には国税総合管理システムなんてものがあります。これ2001年から全国網なんですよ。上記法律で本人確認されたデータも入力されます国税総合管理システムは年間維持費が600億円かかっています以下が 国税庁職員に配られた研修資料の文章です。~~~国税総合管理システムKSKについて。中略国税総合管理システムの実験が行われたのは1995年1月で 東京国税局管内の京橋、川崎北と仙台国税局の福島、白河の税務署が当初の対象となっています。そして1997年には東京国税局、1999年には大阪国税局、2000年に名古屋国税局の全署と関東信越国税局の県南10署でKSKが導入実用化され、から全国区となります。このシステムでは納税者の申告内容をOCR光学式文字読み取りで自動的にコンピューターに入力し、集められた情報を集約して地域や税目を超えた一元的な納税者の管理を行っているので、全国各地のあらゆるところからの情報を突き合わせて脱税の疑いのあるものを調べることができます。そのため 申告書の記載内容と別のところから入手した内容例えば取引先から入手した情報などが食い違っている場合には、自動的に税務調査対象として認識されます。中略栃木県の佐野市出身の不動産賃貸業者が、同県内の他市町村や東京、埼玉など1都3県の約20箇所に住民票を転々と移転し養子縁組などで氏名を変えて税金逃れをしていましたが、このシステムが全国網になった直後に、所得税法違反で摘発されるなど効果を発揮しています。~~~企業や個人事業主が申告する書類、銀行口座と入出金など全部データとして行きますし、年金事務所などの情報も行っていますそしてお金の入出金があるところ相手方のデーターも入っています。たとえばAさんがBさんに取引でお金を払いました。Aさんは払う方 Bさんは受け取る方ですが、Aさんが正しい申告をしていれば Bさんが所得隠しをしても矛盾が生じて不正がばれてしまいます。生計を別にしている親族を勝手に扶養家族の申請をしても見つかってしまいます。OCR光学式文字読み取りはスキャナのように勝手に入力してしまうので住所氏名がわかればその後結婚や養子縁組しても、住所を変えて逃げ回っても追跡されています。だからマイナンバーなんて関係ないですよ。マイナンバーがあってもなくても手間が変わることもありません。これでも脱税するには申告書の記載内容と別のところから入手した内容例えば取引先から入手した情報などが食い違わないように取引相手と共謀して念入りに打ち合わせて、国税総合管理システムに入力される前の書類を捏造するしかありません。そうなってしまえば当然マイナンバーがあっても無力です。これって もう15年以上前の話で当然マイナンバーなんて関係ないんですよ。マイナンバーなど飾り 「紙についているシミ 汚れ」だから マイナンバーなんて脱税防止に役に立たないと国会議員が答弁しておるのです。衆議院議事録第189回国会 平成金曜日 内閣委員会 の当時の大臣 山口俊一の答弁を読んでいるとわかりますが、マイナンバーは脱税阻止には役に立たないと答弁しています。あまりにも長いので省略、検索すれば出てきますよ国会答弁で大臣が「脱税防止と関係ない」と明言しているのにそれを否定するのってサイババの弟子を自称しサイババに否定されたら「それはサイババの勝手なんですよ」という連中と同じなんですよ。~~~~ついでに言うと、費用対効果からもマイナンバーが脱税防止目的で作られたなど絶対にありえないです税金の私物化や利権を排除して増税圧力を減らして国民の負担を減らすか利権を増やして 消費税を増税楽しいなの世界を作るか?って話がありますね。現在 森友学園問題 加計学園問題で アベトモ優遇とか政治の私物化とか言われていますが 森友は8億円 加計は130億円くらいですか?国民の税金が不当に使われた疑惑があるから予算委員会に持ち込まれているわけですが、 マイナンバーなんてこんなものは比較にならなんです桁が違います「マイナンバー」と「利権」で検索してみてください。検索しただけで1兆円だの3兆円だのこんなのは まだまだ甘い方で2025年までに マイナンバーの範囲拡大で30兆円の予算を確保する裏計画が練られているとも言われています。マイナンバー制度はランニングコストで2700億円ここに将来兆円規模の税金の無駄使いがついてくる また現時点でマイナンバー制度の年間維持費は300億円 国税総合管理システム年間維持費は600億円 計900億円ですね。一方 上記のように マイナンバーは脱税防止に役に立たない中で、国税総合管理システムの検知や密告などで脱税が摘発された平成29年度 脱税摘発135億円 平成28年度 生活保護不正摘発摘発167億円いずれもマイナンバー制度導入後の最新データです費用対効果で 不正摘発目的で導入されたなんてことは絶対にありえないんですよこれでも マイナンバー制度が脱税防止と本気でいう人がいたら大臣答弁も 数字上のデータも、 不正摘発のロジックも国際情勢も すべて無視するのですからクレイジーな 人であると 断言できるのではありませんか?なお 会社へのマイナンバー提出は絶対でも強制でもありません。全国商工新聞付マイナンバー 記載なくても不利益ない全商連も加盟する全中連に各省庁が回答もしマイナンバーがないと不正を摘発できないなら上記リンクのような回答マイナンバーを提出しなくても不利益はないをするわけがない。もしそうなら一時的にも脱税したい人間の「提出しないもの勝ち」になり不正と不公平を煽ることになるのでこんな回答をした担当者の首が飛んでしまいます。現実この政府回答に誰も異を唱えない。それは国税当局の人はみなマイナンバーと正確な所得の把握が無関係であることを知っているからです。それから 「銀行の預金や証券会社の口座にマイナンバーが紐づけられる予定です」については もちろん脱税防止目的ではありませんよ。口座の名寄せは 上記犯罪収益移転防止法で済んでいるのです。 また、名寄せが済んでいるからこそペイオフ解禁が実行できたわけです。マイナンバーと口座資産を紐付ける目的は1997年から官僚が計画した「国民総背番号制を用いた預金封鎖の準備」であり口座に「日本人」「外国人」「個人」「法人」のフラグを付けて外国人や法人を預金封鎖の対象外にして国際的なトラブルを避けるためものです。まあ マイナンバー制度は兆円規模の税金無駄使いと書きましたが個人金融資産が1500兆円あるのでそのなかの数割を没収できるなら十分採算が取れますがね。マイナンバー制度は脱税防止に無関係の中で現在年間100億円程度の脱税摘発なんて 目じゃありませんよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です