日本の当事国案件 EUも日本と一緒に韓国バッシング 韓日

    Home / 映画 / 日本の当事国案件 EUも日本と一緒に韓国バッシング 韓日

日本の当事国案件 EUも日本と一緒に韓国バッシング 韓日

0

日本の当事国案件 EUも日本と一緒に韓国バッシング 韓日。今回は完全に利害が一致しますからヨーロッパは巻土重来を期しているのでしょう。EUも日本と一緒に韓国バッシング 韓日WTO造船紛争にEUも参戦 両者協議の参加要請
?? WTO ????? EU? ????…???? ?? ??
(毎日経済 2018 11 25)

最近、韓国の造船産業支援を問題視し始めた日本の世界貿易機関(WTO)への提訴手続きに、欧州連合(EU)が参加する意思を明らかにした

*日本、韓国をWTOへ提訴 造船会社への金融支援で
https://jp reuters com/article/bc world idJPKCN1NI2XY

過去に同様の理由で韓国をEUが提訴して敗訴したが、今回は日本との共同戦線を構築しようとしているのではないのかという懸念が出ている

EUは今回の韓日両者協議にかなりの利害関係があると述べた

日本がWTO協定違反と主張した韓国の措置がEUの主要輸出品である船舶、船舶エンジン、船舶用機器などの価格と貿易に大きな影響を与えることができるというものである

韓日両国の協議への参加は当該紛争に関心が多いことを意味しており、今後は韓国と日本が合意していない紛争解決協議会(パネル)が設置された場合、EUが第3者の資格で提訴に参加する可能性が大きい

安倍総理は10月18日の日本EU首脳会議で
「韓国はこんな悪いことをしていますよ」
と告げ口してきたのだろうか

まるで朴槿恵前大統領みたいですね EU。これにより。過去に同様の理由で。韓国を提訴したが敗訴したが日本との共同
戦線を構築するのではないかという見方もある。 日によると。は。
日本政府が造船産業支援と関連し。韓国政府に要求した紛争

韓国の「WTOルール逸脱」造船支援。ただし。新型コロナの感染拡大による経済への悪影響が続く場合。欧州各国でも
造船業支援を積極的に進めざるを得ない状況となる懸念があり。国際世論は流動
的との見方もある。 WTOの紛争処理は当事国同士の協議で解決報道発表資料:韓国の自国造船業に対する公的助成についてWTO。韓国の自国造船業に対する公的助成についてWTO紛争解決手続に基づく二国間
協議を開催しました 令和年場 所。テレビ会議○出席者日本側。国土
交通省及び外務省○出席者韓国側。産業通商資源部○第三国。EU 参考韓経:韓日WTO造船業紛争にEUが加勢。最近日本が韓国政府の造船産業支援を問題にして始まった世界貿易機関WTO
への提訴手続きに欧州連合EUが加勢した。過去に同様の理由で韓国を
提訴して敗訴したEUが日本と共同戦線を構築するのではないかと

日本の当事国案件。「○○○」の番号は。協議要請が行われた時点で事務局により紛争案件
に付される整理番号で。年インドによる製品の関税上の取扱い
; 韓国による自国造船業に対する支援措置/; 韓国による
日本製ステンレス棒鋼に対するダンピング防止が疑われる措置についてロシア
に対して改善を求めましたが。改善が見られなかったため。に続き。日本も
年Top。造工プレスリリース – の対韓提訴について- 日本造船
業は。世界の造船業と市場を共有しているため。公的助成に係わる?韓国の
紛争の経過と結果に多くの影響をうける。よって本会は。以上の観点を踏まえ。
今韓国の「WTOルール逸脱」造船支援。韓国政府による自国の造船業に対する支援をめぐり。世界貿易機関WTOを
舞台にした日韓の協議が難航している。日本は造船受注で一定のシェアを持つ
欧州各国と足並みをそろえ。国際規律の整備に向け弾みをつけたい考えだが。
新型コロナウイルスの感染拡大のWTOの紛争処理手続きでは。裁判の「1審
」に当たる紛争処理小委員会パネルに先立ち。当事国による協議が義務付け
られている。第三者として欧州連合EUの担当者が参加した。

今回は完全に利害が一致しますからヨーロッパは巻土重来を期しているのでしょう。まぁ欧州も日韓みたいな黄色い猿共とはあまり関わりたくないのでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です