弁護士が回答リフォーム 大工さんからの請求書について 台

    Home / 映画 / 弁護士が回答リフォーム 大工さんからの請求書について 台

弁護士が回答リフォーム 大工さんからの請求書について 台

0

弁護士が回答リフォーム 大工さんからの請求書について 台。そこらへんの大工や工務店だとよくある話です。大工さんからの請求書について 台風のあとの修繕費を見積もって貰ったところ、30万くらいと言われたため、大幅に工事内容を削っていただきました (具体的にはシャッターのとりかえを辞めて壁に変更するなど) 住んでいる家ではなく、田舎の空き家のため無駄なお金を使いたくなく10万円以内でとお願いし、見に行って貰って「わかりました、大丈夫と思います いけるようにします」と言われたのでそのままお願いしましたが、本日14万4千円の請求書を送ってこられました 工賃は細かい詳細などもなく、工事前の見積もり書は特にありませんでした 終わりましたとのご報告と写真があり、工事は問題なく完了しました 以前からお願いしている大工さんなのですが、見積もりより高くなることが多々あり、今まで母がお願いしていたときはガンガン怒っていたのですが、父はその大工さんのお父様の知人と言うこともありあまり言わずにいたようですが今回は殺気立って怒っています、、、 工事の内容自体はとても丁寧で、いつも時間をかけてこだわりのある仕事をされています 工事費用に関しては、あとから内容を付け加えたり要求したりしたことはありません ガラスの交換は17000円ですとおっしゃられていましたが、請求書は20000円になっておりました このような場合、請求どおりお金を払う必要はないと思うのですが、工事などでは多々起こり得ることなのでしょうか、、、 新着情報。京都市西京区の屋根修理を対応してくれる業者さんに見積書をもらいました。
屋根修理専門の方に一度見てもらおうと思い業者を探していました 近所の大工
さんに漆喰と樋がおかしくなっていると言われ。屋根修理専門二人組の担当
さんが来てくださり。実際の屋根の調査や見積もとても手早くやって下さり時間
もなかったので助かりました。手早い修理でしっかり直していただけました
賃貸に出している物件の。1階と2階の間の辺りから台風の様な強雨時にのみ水
が漏れて

火災保険を使うのはタダじゃない。屋根修理の相談。または。火災保険の申請サポートをしてくれる業者さんを選び
たい場合は。–相談そのため。風災を申請して保険金をもらって
屋根修理を行うのと。風災を申請せず実費のみで屋根修理を行うのでは。費用の
保険金請求書と事故状況説明書に関しては。あなた自身で書いてもらう必要が
ありますが。屋根修理の見積書と生活センターからも気をつけるよう注意喚起
が出ているくらい。騙されてしまうケースがあとを絶ちません。どこよりも詳しい火災保険を用いた屋根修理の申請方法。あまり知られていないことですが。「火災保険」に加入をしていれば屋根の修理
費用をもらえる可能性があります。自宅の屋根が台風の影響で風災被害にあっ
た場合は。火災保険の対象となります。参考サイト 東京海上日動|自然災害
や地震を補償する保険の保険金請求申請代行業者について参考サイト 国民
生活センター|申請代行業者を利用して保険金を受け取ったが。後から見積書の
内容を変更された職人さんは「板金工」と「瓦葺工」になります。

弁護士が回答「リフォーム。修繕費の見積もりが届いたので。ということでそのオーナーさんのところへ
見積もりを拝見しに伺ったところ。見積もりの内容がリフォームという見積書
もなく。契約書もなく。勝手にされたリフォリフォームについてお聞きしたい
のですが 一軒家購入してリフォームしてから住もうと思い数社から見積りをとり
ました。工事中に「見積り載せ忘れ」があることはひとことも告げられず。
工事終了後。請求書が届くまでの1ヶ月間もそれについて連絡はありませんで
した。台風被害に遭ったときこそ悪徳業者に要注意。しかし。それが悪質な業者だと高額な工事費用を請求されたり。手抜き工事を
される恐れがあります。もし家を見てもらって被害に遭っていたと報告を受け
ても安易に契約はせず。まずは見積書や契約書を掲出してもらいます。で屋根
の工事をしますよ」と言ったので契約したけれど。後から万円を請求されて
ても万円で工事をすると言った証拠がありません。と思うのではなく。悪徳
業者に依頼した結果についてもきちんと知っておくことも大切です。

大工さんからの請求書について。台風のあとの修繕費を見積もって貰ったところ。万くらいと言われたため。
大幅に工事内容を削っていただきました。 具体的にはシャッターのとりかえを
辞めて壁に変更するなど 住んでいる家ではなく。田舎の空き家の

そこらへんの大工や工務店だとよくある話です。口約束でも契約は成立するので間違いなく10万でやると相手が言っていたならそれ以上払う必要は無いですが、それを証明するのは非常に困難。まあ、十数万で裁判とかはないと思うので少額訴訟はあるかも突っぱねていいと思います。相手もダメ元で出してると思います。やってみなければ判らないというのは本当ですし、オーバーする事も良くある話ですが、予算を越えていいのは事前に施主から承諾を得た場合だけです。10万だろうが100万だろうが関係ありません。補修工事の様な不透明な工事で事前に予算を超えるかもしれないことを承諾頂けないなら工事を請ける事が間違いです。請ける請けないも業者の自由。natさんと同じ意見です。10万、20万円の仕事は有難迷惑です。最初の30万ぐらいの見積もりなら、ハウスメーカーなら70万円ぐらいでしょう。10万ぐらいの工事でも色んな業者に必要です、しかい発注しても、なかなか、スムーズに施工してくれません。それに1万ぐらいの工事も3万円ぐらい請求が来ます。割高請求します。結局10万円ぐらいの工事は職人も使えない、業者にも頼めないから、自分が全部しなければ赤字です。有難迷惑なだけです。たった14万円ぐらいで悪く言われたらたっまたもんじゃない。職人の気持ちとして言えばたかが10万の仕事で高いだと言うなら頼むな!本当はやりたくない仕事だけど昔からの付き合いがあるからやってあげたのにもうお前の仕事は二度としない??????????たぶんこんな気持ちだと思います。私も建築関係の仕事をしていましたが50万以下の工事は全てお断りしていました。儲けにつながらない時間の無駄屋根の吹き替えなどにも言えますが、瓦を撤去して既存の防水シートを外したら、野地板が腐食している事が間々あります。その場合、野地板の部分張り替えなどの費用は、見積もりに計上していないので、追加工事として見積金額がその分、オーバーする場合もあるね。その場合、施工業者が施主さんに一応確認はするもんですけどね。また、最初から追加とならなくとも追加として見積もりに足している業者もいます。結果として、適当な仕事をされて支払金額が安ければいいと考える人もいれば、多少オーバーしてもしっかり補修してくれる方がいい=多少高くはなりますが。するかしないかわからない補修分を上乗せする業者よりは、説明されて納得する方がいいかと思いますけどね。その差額を施工業者に聞いてみたらどうかね?まぁ、施主と施工会社が旧知の中でなぁなぁ、で依頼したのであれば、結果もなぁなぁ、という事に成る事も有り得ますが。大工さんの見積もりよりも、工賃が上がることは良くあることです。街大工さんは元々詳細な見積もりはしません。やってみなければ解らないことが多々あります。終わってみて請求書が来たら、もっと勉強せよと、これから値段交渉をすれば良いことです。怒る方が可笑しいんですよ。正規な請求の1割か2割落ちで払うのが普通でしょうね。2割と言って、一割引くらいになれば、まずまずでしょう。個人親方でしょうから、そこは長い人間関係と交渉の仕方ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です