家庭園芸用 家庭菜園の消毒剤について質問 白菜の消毒でオ

    Home / アニメ / 家庭園芸用 家庭菜園の消毒剤について質問 白菜の消毒でオ

家庭園芸用 家庭菜園の消毒剤について質問 白菜の消毒でオ

0

家庭園芸用 家庭菜園の消毒剤について質問 白菜の消毒でオ。オルトラン液剤とオルトラン水和剤の違いとは。家庭菜園の消毒剤について質問 白菜の消毒でオルトラン粒剤を使用していますが、ネットを掛けている為面倒なので、
液剤で噴霧しようと思いオルトラン液剤を購入しましたが、後から適用作物の表示を、
確認したら、野菜の表示がなく、庭木関係の表示のみでした 名前だけみて、オルトラン粒剤と
同じと勘違いしました これは野菜には使用出来ないのでしょうか
ちなみに購入したのは GFオルトラン アセフェート液剤 です
使用出来ないのであれば処分しようと思います オルトラン粒剤:野菜?花のいろいろな害虫や畑の虫に効く。本剤を誤って過剰に使用した場合は薬害下葉の黄変。葉縁の褐変を生じる
ことがあるので散布量を厳守すること。 *, ヨトウムシの防除については処理
時期から発生までの期間が長くなった場合には。効果が劣ることがある

家庭菜園の農薬と散布器具。このページは。家庭菜園で使用する事を前提に。野菜の消毒の仕方?農薬の
使い方?農薬の散布方法?農薬計量器具?農薬干し野菜の『切干大根』を作っ
たり。冷凍野菜にしたり。漬物や生のまま長期保存する方法など。『白菜の収穫
と漬け方』等を紹介していない殺虫剤については。このページ内の『サーチ
エンジン』をお使いください。オルトラン粒剤?オルトラン水和剤?
ダイアジノン粒剤?スミチオン乳剤?マラソン乳剤?アクテリック乳剤。
質問と解答について農薬家庭菜園で使う農薬。せっかくの家庭菜園。自分や家族が食べる野菜を自分で育てるのだから。殺虫剤
など農薬を使わない無農薬?減農薬栽培がおすすめ。カビや細菌等よる病気
対策殺菌剤水で倍~倍に希釈して使う液剤のほか。粒剤や粉剤
もありますが。家庭菜園でアブラムシ駆除に使う特に被害を受けやすい野菜は
。キャベツ。白菜。ブロッコリー。小松菜。など。期間限定クーポン配布中
住友化学園芸 殺虫剤 オルトラン水和剤 × メール便対応点まで

家庭園芸用。草花や野菜のアブラムシ?アオムシなど多種類の害虫を長期間防除する浸透移行
性殺虫剤です。よくあるご質問。家庭園芸用 ホクコー オルトラン粒剤 ※ご
質問は製品仕様に関する内容に限らせていただきます。 この商品について質問
するアブラムシの発生原因と生態とは。この木酢液は。アブラムシなどの害虫を忌避するだけでなく。土壌の消毒や有用
微生物を増やし。植物の根や芽の生長を促すともいわれて期間限定%オフ
オルトラン粒剤 g家庭菜園や果樹の栽培に活躍しそう白菜の農薬について。去年。オルトラン粒剤を散布しましたがヨトウムシにはあまり効果が認められ
ませんでした。そこで今年はお探しのが見つからない時は。教えて!で
質問しましょう! 全カテゴリガーデニング?家庭菜園白菜が虫大根の葉の
農薬について 食べ物?土を耕したあと。土の消毒?肥料?など

オルトラン液剤とオルトラン水和剤の違いとは?適用表を見ると、希釈倍率や効果のある害虫に違いがありますが、有効成分はいずれもアセフェートで同じです。適用害虫の表を見ると水和剤の方が多くの害虫に効果があるようにも思えますが、これはメーカーがより水和剤の方で多くの試験を行い、農薬の登録申請時に液剤よりも多くの結果を申請したというだけの事なのです。①有効成分はいずれもアセフェートで同じです②メーカーがより水和剤の方で多くの試験を行い、農薬の登録申請時に液剤よりも多くの結果を申請したというだけの事と言うことで、GFオルトラン アセフェート液剤を自家菜園の野菜に使っても、問題ないですが、出荷する野菜に使用すると、問題になることがあります。↑このようにを書くと、多くの解答者からかなりの非難がきます。アセフェートの使用回数が決められているので、白菜にオルトラン粒剤を使用しているのなら「アセフェートを含む農薬の総使用回数」は白菜は1回なので使用できません。オルトラン水和剤適用がなければ使用はできませんし適用外の散布は違法でもあるので勧めちゃマズいですね…。購入して間もないのであれば返品する、あるいは交換してもらえばよいと思います。レシートがあればホームセンターでも返品?交換はできますので。『ネットを掛けている為面倒なので???』先にも回答ありますが、オルトラン粒剤の使用は植え付け時1回のみです。残効残留の問題があり、栽培途中での使用はできません。またオルトラン液剤は薬剤の裏書きのとおり、野菜類には使用できません。農薬は思い込みで買わずに、用途と用法を確認してから買うようにしないと?思わぬ失敗をします。適用がない場合、最悪枯れてしまうことがあります。芋虫類の白菜への防除はある程度大きくなるまで定期的に数回行うことになるので、BT剤やフェニックスの方がお勧めです。貴方の尋ねておられるのは、オルトラン粒剤のつもりで購入したら、GFオルトランアセフェート液剤とのことですから、ヤフーの検索でこの薬剤名を入力すれば、使用可能な作物名は出てきます。適応作物に記載のない野菜や作物には使うことができません。確認のためですが、白菜には粒剤も苗の定植時に1回だけの使用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です