安倍政権の移民政策 日本現在の安倍政権はなぜ移民政策を頑

    Home / 旅行 / 安倍政権の移民政策 日本現在の安倍政権はなぜ移民政策を頑

安倍政権の移民政策 日本現在の安倍政権はなぜ移民政策を頑

0

安倍政権の移民政策 日本現在の安倍政権はなぜ移民政策を頑。まだ10代でそのように、政策に関心があるのは驚きました。日本、現在の安倍政権はなぜ移民政策を頑なに推し進めようとしているのでしょうか 人手不足の現在、企業にとって外国人労働者はかなり助かるが、結局移民コスト(移民の方の社会保障コスト等)は国民全体が負担することになる 欧州では既にネオナチをはじめとする極右勢力が台頭している 実際スウェーデンストックホルムでもネオナチがデモを行っている等のニュースもありました 既にこのような「結果」があるにもかかわらず… さらにこれから労働力はAIで半分は余ると予測もあるのに 移民たちによる地域分断の傾向も、、、 なのになぜでしょうか 裏に何かあるのでしょうか それとも、それらデメリットを上回るメリットがさらにあるのでしょうか 流石にこれらのデメリットを把握してないわけではないと思うので 自分は高校なので知恵袋に蔓延してる自作自演のものとかではありません あまりにも偏りすぎた考えの人はご遠慮します 回答よろしくお願いします 日本がいつのまにか「世界第4位の移民大国」になっていた件芹澤。移民政策をとることは断じてありません」と繰り返してきた安倍政権だが。事実
上の「移民」受け入れに大きく舵を切った形だ。 コンビニで働く外国人留学生や
日本を目指すベトナムの若者たちとの対話から。現行制度の問題点をあぶり出し
たこれは届出が義務化されてから過去最高の人数であり。この年で倍増して
いる現在。就労が認められている在留事実を頑なに認めない」安倍総理を
支える力の正体日本政府はなぜ「移民政策ではない」という呪文を唱え続ける
のか

「移民流入」世界4位の日本で。移民流入」世界位の日本で。頑なに「移民」と言いたがらない安倍首相の頭の中
奥歯に物が挟まったような発言をまとめてみた一方。安倍首相はこれまで
再三。「移民政策」を否定してきた。の衆院本会議では「安倍
政権は。いわゆる移民政策を取ること降ろしてやったぜって感じが気持ち悪ぃ
」森氏辞任めぐる発言で物議。兼近はなぜ世間を読み間違えた?だから「移民」を受け入れてはいけない。外国人を受け入れることで人手不足が解消するはずなのに。なぜ危機感を覚える
のか。バーカ。安倍ちゃんたちが進めているのは。“外国人労働者の受け入れ”
で“移民”じゃない。安倍政権が今国会で押し通そうとしている「移民政策」に
不安写真提供。ゲッティイメージズ例えば。国連経済社会局は以下のよう
な見解を述べている。訪れる方たちを「外国人労働者」と我々が頑なに
呼び続けたところで。遅かれ早かれその実態は「移民」となっていく。

安倍政権をどのように評価するべきか。こうした批判は。安倍政権がいかに愚かであったかを主張するのみで。なぜ国民
が安倍政権を支持したのか?辞任表明後にいち早く公開された日本経済新聞社
とテレビ東京による調査では。安倍首相の実績について「評価する」いずれし
ても安倍政権の評価については。現時点の世論調査だけではどのような政策が
評価され。あるいは批判されの外国人労働力の受け入れであり。移民政策で
あることを頑なに否定しているが。実態は移民政策だと指摘される。安倍政権の「移民政策」。安倍政権が進めている「外国人労働者の受け入れ拡大」は。どう見ても「移民
政策」である。人手不足にあえぐ経営者たちは大喜びするだろうが。移民が
増えれば若者の賃金は上がらないまま。ただ。筆者がこの「移民政策」を
危ういと感じるのは。そのようなフィーリング的なものではなく。経済的な側面
からでなぜトヨタでは。 「指示は不親切なほど良い」 と言われるのか?

移民政策についての政党アンケート?政党からの回答。法人移住者と連帯する全国ネットワークは。参議院選挙にあたり「移民政策
についての政党アンケート」回答未着>公明党。沖縄社会大衆党 <回答
差し控え>希望の党政党要件がなくなったため。日本維新の会差し控え
理由不明的な外国人労働者受け入れのあり方について。家族帯同など人権的な
配慮を早急に再検討するよう政府に求めますする重要な存在と直視し共に
生きる環境を整えることはもはや待ったなしですが。安倍政権が頑なに移民政策

まだ10代でそのように、政策に関心があるのは驚きました。素晴らしいですねちょっと長くなりますが、安倍政権が何故、移民移民とは決して言わないがをこのタイミングで始めたのか?ですが、複数の要因があります。企業にとって外国人労働者はかなり助かるが、結局移民コストは国民全体が負担する??そのとおりです。しかし最大のメリットがあります。それが「税収」です。世界の金融を監視する、世界的な機関IMFというところがあります。加盟国の経常収支が著しく悪化した場合などに融資などを実施することで、言ってみれば、国連加盟国の国家財政を、加盟国同士が最終的に救う、生命保険のような世界経済の最重要機関です。現代の最も危険な事は、世界大戦が再び勃発することです。過去に財政危機によって、極端な独裁、恐怖政治が支配する国家が誕生したのは、国の政府と国民が貧乏になったからですね。IMFはそのために生まれました。日本の財政は、高度成長期から上下の波はあっても、経済は安定していました。この安定化した経済で、日本は世界にも稀に見る、高度な文明社会を構築できたのです。しかし、戦後最大の不景気が1990年代以降、日本には数多くの不幸が訪れます。1995年、阪神?淡路に甚大な被害をだした大地震が起きました。この復興のために、政府は全力で借金を行いました。復興のために赤字覚悟になったんですね。この財政悪化は、2~3年で取り戻せるものではなく、2,000年以降も尾をひきます。消費税は、この阪神?淡路大震災の影響によって、大幅に税収が社会福祉に使えなくなったことで、それまでの使いみちを、赤字補てんに使っていました。ほとんど借金返済に使ってたのです。しかし、財政悪化は是正できませんでした。更に、震災後大きく産業が連鎖倒産をするようになり、世界の経済も変わって円高が強まりました。この2000年代は、ガソリン代が1リッター90円、円は1ドル112円くらいです。この時に、自動車を始め、日本の産業は海外では輸出で不利になり、業績不振に陥ります。リストラ、採用抑制、派遣社員が増え始めます。企業の生き残りの努力と、消費税の段階的引き上げで経済は持ち直しつつありました。しかし、この時、世界を揺るがず大きな金融混乱が訪れます。それが、米国の住宅バブル崩壊を発端とした、リーマン?ブラザーズ証券の倒産です。この時の不良債権は、米国の金融機関全てに影響をもたらし、好調だった米国経済は、危機的状況に陥ります。対米輸出が多かった日本は、この影響の直撃を受けました。そして約2年後、日本に最大の試練、東日本大震災が起こります。これは、日本の有史上、最大かつ最悪の惨事で、規模から見ても数十兆円以上の損害を出しました。1年間の社会福祉費なんて、一瞬で吹っ飛ぶ損害です。そして、民主党政権に変わって安倍政権が誕生します。政権発足後、世界各国に挨拶に行く中で、当然ですが国連にも演説したり、IMF本拠地がある米国ワシントンにも訪問します。ここで、安倍政権にはIMFから通達されます。「財政は大丈夫なのか?」と言われ、政権は「景気を今よりも2%に引き上げるから、その方策を必ずする」と報告しています。そうでなければ、IMFは日本の財政は先進国レベルではないという、判断を下す直前だったわけです。安倍政権は、必死に海外で様々な資金提供、つまり投資を行い、海外輸出拠点を数多く作ることを模索します。イラク戦争で財政悪化だった米国のために、軍事支援が出来る憲法の解釈変更も行いました。それでも、「成長率1%以上」の目標には達成できず、ベビーブーム世代の段階世代大量退職の時期が到来します。これは、会社から労働力を半分減らしてしまう事態で、雇用創出が最大の課題になりました。例えば、会社の役員が退職してしまうと、簡単には社員を昇進出来ません。当然、取引先もそうですから、新しい事業はやりにくくなります。従い、多くの企業はここから、従来の商売が難しくなっていったのです。そこで安倍政権は、企業を倒産させては元も子もないので、国家予算を投じて企業を支えるようになりました。またしても、税収はこれで増やすことは難しくなっています。今は少子化なので、この人手不足解消には、焚き火にスポイトで火を消そうとしているようなものです。それなら人をもっと増やすために、と、財務を3次内閣で、次の4年は少子化対策にすると決め、出生率が上昇カーブとなるまで、各業界の雇用に、「一時的でも良いから外国人労働者で埋めて、耐えて欲しい」となったんです。外国人が多く日本に来ると、生活しますから消費税収は必ず上がります。また働くことで所得税も徴収出来ます。一時期なら、生涯日本にいるわけでは無いですから、将来の年金も減らすことが出来ます。このように、安倍政権としては、強行姿勢でやり続ける根底にあるのは、「国際的に日本の財政は破綻寸前だ。」と思われないための、必死の抵抗というものです。トランプ大統領も、IMFを嫌ってますよね。米国経済も好調とは思われて無いからです。緊縮財政をしたくても、それでは景気は良くならず、大きな財政出動では、景気は上がっても国が持たない。この狭間で現在の安倍政権は大きな岐路に立たされているわけです。移民よりも未来型ベーシックインカムの方がはるかに日本国民全員が幸せになります。技術的失業の時代、状況ですから脱労働社会を目指す必要があります。人間の労働力を入れることによりさらに失業者が増えてしまい景気が悪化し失業者や貧困層自殺や殺人事件、虐待死亡や非婚が増えます。本当にその真意が分かりません。お前たち現役世代が将来、年金をもらえるようにするためだ人手不足の現在、企業にとって外国人労働者はかなり助かる自分でわかっているではないですか。結局移民コスト移民の方の社会保障コスト等は国民全体が負担することになる。その通り、コストは移民を受け入れた企業だけでなく国民全員で負担するので、企業の懐はそれほど痛みませんからね。デメリットを上回るメリットがさらにあるのでしょうか?国民の標準を、今の牙を抜かれた大人しい日本人と考えているからではないでしょうか。移民として受け入れてやっているのだから、移民は不満を漏らさずどんなことも受け入れるに違いない、と。おっしゃる通りすんなりとは理解しがたい現象です。唐突な「移民を受け入れ」は不思議に思うのが自然ですから、何か理由があって然るべきです。「労働者不足」だけでは説明はつきません。今や、海外に労働力を求めるのは経営上ではあたりまえのことですから、違和感があります。 ?国際的に移民を受け入れてこなかった国として過去から非難を受けています。 ?海外に生産拠点を移す企業が多くなり、税収不足は課題となります。 ?人口が増える見込みはこの先なさそうです。総生産も現3位から転落するのも時間の問題です。 ?「成長戦略志向」しかなければ、国力に見合った「質的改善」まで検討しません インドなどに抜かれるのは時間の問題です。 ?最近の事件のとおり技術力は明らかに低下傾向です。でも肝心な調査資料自体にまたいつのもの「改ざん」ですから、どうしようもありません。 欧州のデモクラシーは比べ物にならないほど進んでいます欧州での事象は実際の一流新聞を見るべきで、部分的に適当にカットした日本の新聞の記事では無理です。ドイツでナチス式の敬礼をすると逮捕は当たり前ですし、デモといっても騒いでいる少数を見るだけではなのもわかりません。1. 外国人労働者にも最低賃金が適用され、安い賃金でという考えは成立しません。2. 永住権の付与はなく、在留資格の更新に失敗すれば、在留は認められません。3. 「日本語教育を含めた生活支援の義務化」があり、企業は単に雇うだけ、という事はできません。4.資格取得には素行に問題ないこと等が必要になります。5. 今般の法改正では、入国管理局が出入国在留管理庁に格上げされ、予算もつきます。このため、不法滞在や密入国は非常に厳しく取り締まられると予想されます。6. 即ち、現在、留学ビザなどで入国している不法就労などは今後厳しく取り締まられる運びといえます。7. このため、永住許可は非常にハードルが高い、といわれています。尚、日本語能力については、第二種については、N1程度の能力は不可欠と思います。第一種であっても、日本語能力検定については、例えばN2コンビニでの情報端末およびATM操作の敬語をつかった案内および受け答え程度は必要になるでしょう。なお、どうも勘違いしている人が多い様ですが、無論、外国人労働者だからといって税金をのがれることもありません。企業から見れば、こなせる仕事がふえて、収入もふえますし、実労働者数が増えれば、当然、税収も増加するでしょう。是を欧米でいう移民とはいわないでしょう。帰化しないなら、純粋に「日本語のできる外国人労働者受け入れ」という表現が適切ではないか、と考えます。この移民政策と消費税増税で安倍政権は倒れるわ。憲法改正の宿願も成らずか…。安倍首相を応援し、安倍政権を支持している俺が結構本気でそう思う。——————-人手不足なら公務員の余剰人員を減らしてその分で人員不足を補えば済む話だと思う。民間企業の仕事は大変だし低賃金が多いからやらせたくないのが実情。日本は難民を受け入れないのでその代わりになる政策のつもり。要するに、経団連が安い労働力を使いたいだけでしょう。実は企業のAI化の進展で、中年の失業者は少なくありません。それらの人を使う場合はかなりのコストがかかります。それに対し、逃げ出した研修生たちは時給200円で、なおかつ暴力を振るわれていたりしています。経団連は、かつての徴用工をまた使いたいだけのように見えます。安倍政権は経団連の言いなりで、これほど国民のことを見ていない政権はかつてありませんでした。一言でいうと何も考えていない政権です。若い日本人がきつい仕事したがらないからですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です