安倍内閣の支持率下落 第一次安倍内閣から考察する現在の政

    Home / IT / 安倍内閣の支持率下落 第一次安倍内閣から考察する現在の政

安倍内閣の支持率下落 第一次安倍内閣から考察する現在の政

0

安倍内閣の支持率下落 第一次安倍内閣から考察する現在の政。>最後に質問として、聞きたいこととして、今あなたの言いたいことは何ですか。第一次安倍内閣から考察する

現在の政治は国民生活に密接に関係していると思います 保護貿易に走れば輸出産業に携わる者が苦しみ、国家プロジェクトによって景気も左右され、成田空港、道路建設、ダム、沖縄基地、国の動きに対し、いつも感覚を適正に保つ、研ぎ澄ましている必要があると思います 私の過去質にもありますように、これが現政権をほとんど攻撃対象にしている理由です

たとえば、沖縄基地建設によって、工事業者は仕事が手に入り、基地周辺で働くものは基地移設によって変化を余儀なくされ、基地移設によって安心するもの、不安になる者、自然を愛する者は、破壊に痛み、おおむね多数の幸せによって意思が決定されているように思うのです

小泉政権下、人望を武器に悪くはない、言い方をかえれば安定した政治を行っていたと思うのですが、郵政改革完了か によって首相交代になりました この点から私の疑問が生じます この後、ポスト小泉といわれていた安倍晋三が総理になるのですが、この点が2点目の疑問 美しい国とか、食育とか、これまでの経済発展を重視したり、5教科の学校教育を強いてみたりする日本のやり方から移ろうとするものだったように思います ここで私は、客観的に見て成績は悪くなかったので、そうなのかなー、美しい国づくりに賛同できても何をどうやって、何の美しさ 自然 食育も理解しようとしましたが、食べることからもまあいろいろ得られるがと思うのが精一杯でした

それゆえ、首相として比較しやすい、悪しき派閥争いを攻略した小泉前首相より信任できない安倍晋三はメディア、国民の信任を得ることができません 日本は大統制ではないですが、ここで解散を行ってほしかったです これが第3の疑問です いってみれば、自民党が政権の座に居座った、またはそのように見えたのです 健康を理由に退職し、福田、麻生といった当選回数が多いからかと思われる、いわゆる期間の長いものが担いますが、カバーできず、ほとんど政治家として政権交代という、否定の憂き目にあったように思います

節約という公金創出を掲げ次を担った民主党、鳩山は沖縄問題による迷走により退陣、東日本大震災等々、選挙で敗れました これについては、民意を反映していると思い、悪くなかったと思っています コンクリートから人へという賛同できる政策でしたが、経済には負担があったようですね

選挙で勝った自民は首相になり手がいないのか、経験者ということで安倍晋三をかつぎアベノミクスという公共政策重視の政策で、いってみれば失敗から学び、初めのうちは安部信者という極右まで現れる、私にとっても、居心地のいい、暮らしやすい世の中でした しかしながら、安保問題で私は半ば怖さを覚えました これが第4の疑問です 戦場に行かないとなるかもしれない 国を守るために、楽しい人生を終わらせないといけなくなるかもしれない 普通の国、アメリカに押し付けられた憲法を改正し、専守防衛という他にない美しいと感じる思想も終わりになる まあでも国あっての個人だな、しょうがないなということで受け入れ、その後を見守ることにしました

森友、加計学園など、どうでもよく、野党にも呆れます この点はどうでもいい

最近トランプと仲良くしだし、韓国とも仲違いし、選挙が近づいてきました 安倍晋三は無視がお得意なようで、夫婦別姓についてどう思うかとテレビで聞かれた時の受け答え、もう本当にこんなリーダーが人気取り、説明不足、民意無視の生活がいつまでも続くのかとも思ってしまいます
選挙の時だけ一生懸命で、身を切る改革ができない、横並び、危機意識の不足の政治家たちに不信を抱き攻撃するようになりました

みなさん、棄権、まあマシな枝野がひきいているりっけん、共産党、国民民主党などに何とか投票して、憲法改正を阻止しようじゃありませんか ねじれのほうがよかった、そう思う日も来るかもしれません 政権の座にふんぞり返っている、今後何しでかすかわからない、憲法改悪しようとしている安倍晋三を阻止し、民主主義を取り戻そうじゃありませんか

まずは簡単に棄権をお勧めします 投票率10%とかにさせ、投票という行動による、民主主義への参加を否定し、安倍政治を無視しましょう 自動車税などを納入せず、安倍晋三をトップとした行政を否定しましょう パトカーもつぶしたほうがいいかもしれません デモなどにより国家権力に逆らいましょう

最後に質問として、聞きたいこととして、今あなたの言いたいことは何ですか 2012年総選挙結果から考える政党政治の今後。年月の総選挙は。自民党が圧勝した一方。民主党は大敗。 “第極”政党も
第党の自民党を脅かすには至ら今回の総選挙では。民主党が圧勝した年
総選挙からの大きな揺り戻しによって。自公連立の第次安倍晋三内閣樹立
この低迷を打破するため。「政権交代可能な政治」と「政党本位。政策本位の
選挙」を実現しようと政治改革が行反対して民主党から集団離党した小沢一郎
氏らが。に「国民の生活が第一」を結党したところから

現代日本における内閣総理大臣のリーダーシップと政策形成。政治資金などの首相から議員への資源配分に与党議員から首相の支持。
すなわち首相の指 導力が決定されることを明らかにした。 海外における研究
活動報告 .概要国民からの支持を背景に。首相の望む政策を トップダウン
で実行した。一方。小泉政権以 降の第次安倍晋三。福田康夫。麻生太郎。
した。このような相反する首相のリーダシップ導力と政党の集権度の決定要因
を考察した。安倍内閣の支持率下落。第2次安倍内閣発足後に政治部に着任し。「安倍1強」と言われる政治情勢の中
で政治取材を本格的に始めた記者が今月。NHKの世論調査で安倍内閣を「
支持する」と答えた人は35%と前の月の調査よりも13ポイント下落NHK
では1998年から内閣を支持しない人の割合である不支持率や各政党の支持率
とあわせて調査を行っています。ことし4月から携帯電話も対象に加えるなど
。これまでに調査方法が2度変更されていますので。従来と現在の

安倍内閣の経済財政政策。安倍内閣は。一億総活躍社会の実現に向けて。「希望を生み出す強い経済」「夢
をつむぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」からなる「新?三本の矢」を
一体的に推進し。成長と分配の好循環を強固なものとしていきます。第一の矢
大胆な金融政策 企業?家計に定着したデフレマインドを払拭; 日本銀行は。経済
?物価情勢を踏まえつつ。%のに生み出し。経済を力強い成長軌道に乗せて
いく; 投資によって生産性を高め。雇用や報酬という果実を広く国民生活に浸透
させる図解?政治第1次安倍内閣は辞任ドミノで失速2019年1月。不正は第2次安倍政権の発足前から厚労省内で行われてきたことから。※月
日現在。クルーズ船客ら除く旧民主党政権を含む歴代内閣で続けられてきた
不祥事だとの思いが強いためで。第1次政権時のような「辞任ドミノ」に発展
する事態も警戒しているもようだ。幹事長は31日の代表質問で。旧民主党
出身者が主流の立憲民主。国民民主両党をこう皮肉り。援護射撃した。

>最後に質問として、聞きたいこととして、今あなたの言いたいことは何ですか? 安倍政権で変わっていないのは「戦後レジームからの脱却」です。日本の戦後社会には左翼主義者が蔓延し、日本社会が本来持つ美徳が失われているのです。戦後75年かかって作られた社会ですから10年やそこらで払拭できなくてもしょうがないののです。そしてたあなたが上げた不満点は、「戦後に作られた日本社会そのもの」なのです。あなたの不満点は戦後に作られた日本社会が払拭され、日本が古来から持つ姿が実現できたときには是正されているでしょう。>投票率10%とかにさせ投票率が低かろうと民主主義の否定にはなりません。低ければ低いほど固定票を持つ、自民、公明に有利になります。安倍政権は盤石となり、総裁任期の改定が現実味を帯びます。貴君の思うほうとは全く逆の方向に進みます。そこまで考えられないのが今の野合野党の支持者。支持者の程度が野合野党の程度。だから安倍一強になるのです。>パトカーもつぶしたほうがいいかもしれません犯罪行為だから。かつての学生運動は過激になり支持を失いました。歴史は繰り返すか。やっぱりそこまで考えられない、歴史を知らない。無知は哀れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です