大地震の可能性を探る 浜岡原発から20キロ圏内に在住です

    Home / ギャンブル / 大地震の可能性を探る 浜岡原発から20キロ圏内に在住です

大地震の可能性を探る 浜岡原発から20キロ圏内に在住です

0

大地震の可能性を探る 浜岡原発から20キロ圏内に在住です。南海トラフ巨大地震が発生して仕舞った場合には、M8?9で最大震度7と想定されるので、浜岡原発はその震源域に在るので震度6強以上の揺れを観測する可能性が有ります。浜岡原発から20キロ圏内に在住です 南海トラフ地震が起きたらどのようになってしまうでしょうか 福島第一原発の経験をふまえ、たくさんの対策がされていると思いますが、死んでしまうのか怖いです どうなのでしょうか 大地震の可能性を探る。巨大地震の可能性。ページ数が大きい数字程。最新ページです。 ページの変更
しかし。今回は。三つの地震が連動するなどして南海トラフ巨大地震が起きる
可能性も検討に加え。想定する震源域が広がった。 この影響ただ。同じ市内
でも数キロ離れるだけで確率が70%から20%に低下する例があるなど。確率
は地盤の影響を強く受ける。日本原子力発電東海第二原発茨城県東海村や
中部電力浜岡原発静岡県御前崎市への影響は議論の対象にしなかった。日本
海溝

福島第一の事故を踏まえた浜岡の対策はどうなっているの。皆さまからいただく質問 福島第一の事故を踏まえた浜岡の対策はどうなっている
の? 「福島第一のような事故を起こさない」この固い決意のもと。全力で対策に
取り組んでいます。 巨大地震や津波に備えることはもちろん。さまざまな場合を徹底追及。一方の伊方も「最大震度強」を想定せず。過去に起きた地震データのみで
ストレステストを行っている浜岡原発の圏内には。約万人が居住
。という驚異的な数字が想定されている。南海トラフ地震。月日に
内閣府から各地の想定震度。津波高が公表された中で。俄然注目を集めたのが。
中部電力?浜岡原子力発電所静岡県ですが。それも分程度しかもたないの
です。

浜岡原発で地震を想定した訓練。ドガスは静岡新聞が運営する動画プラットフォームです。「浜岡
原発で地震浜岡原子力発電所では。南海トラフ巨大地震によって複数の原子炉
が被災した場合を想定した訓練が行われました。 12月1日の

南海トラフ巨大地震が発生して仕舞った場合には、M8?9で最大震度7と想定されるので、浜岡原発はその震源域に在るので震度6強以上の揺れを観測する可能性が有ります。福島第一原発事故の場合には、M9で最大震度が7であり、原発の最大震度は非公式的ではあるものの7を観測していたと聞き及んでおります。基本的に浜岡原発は張りぼての22mの防潮堤を作る対策しかしておらず、地震の揺れ自体での建屋やプール等が倒壊する可能性を無視しており、恐怖を煽る積りは無いのでありますが、実際に福島第一原発事故に迫るかそれ以上の重大過酷事故に成る事を危惧しておるのであります。風下70km圏内は全員被曝死、110km圏内では半数被曝死、350km圏内でも癌や白血病等の被曝健康被害から死に至る人の数が200万人とも言われておるのであります。従って、直ちに浜岡原発は廃止されなければ成らないと思うのであります。対策なんてしてないよ。バカでもわかるように言えば対策する=お金がかかる対策しない=お金がいらない起きても想定がという言葉で終り。2007年に安倍は国会で「原発事故が起きればどうする?」と追及を食らった時に「原発事故はありえないので対策はしない」と発言してる奴が総理してるのだよ。命が欲しければ自民党を与党から追放しないのダメだよ。ちなみに近年は自民党がバカみたいに外国人を呼び込んでるので大災害起きれば混乱に紛れて外国人による暴動が起きて災害から生き延びても暴動に巻き込まれて殺されますよ。そういう危険性をますのが話題の入管法改正。だから国会で大災害が起きれば外国人をどう対応するのか一切議論せず強行採決で衆議院を通過させました。行きたければ選挙に足を運び自民党を落選させまくるのが次の与党になったところは落選という恐怖のあまりまともに仕事をするようになります。福島はGE製で浜岡はWH製ですよね。GE製は設計に問題があってメルトダウン起こしやすい構造でアメリカはそれを把握していて、問題が起こった場合アメリカに責任はないと言う事を構造上の問題を隠したまま日本政府に確約させていたんですよね。WH製はGE製よりも安全性は高いですし、様々な対策も取られていますから自民党政権なら問題ないと思います。民主党の時は海水注入をやめさせたり、自衛隊を直ぐに派遣させなかったり、ベントしないといけないときに原発に総理が行って足りない人員で対応が遅れているのに余計な仕事を増やしたりして政府主導でグダグダであの様な惨事になったわけです。又建設時アメリカのマニュアルでは深く掘った所に原発を建設するように指示されていたのですが、ブラックボックスで理由が解らず崖を削って建設してしまいました。沙漠で建設する為のマニュアルだと言うことは後で解ったのですが崖の上なら電力消失もありませんでした。物事に絶対は無いですが福島よりは格段に安全です。コロッと死ねたら幸せかも知れません。故郷を失って散々いやな思いをして死ぬこともできず、地獄の思いをしているのに無かったことにされ、再稼動されますよ!反対するなら今のうち!福島でも2重3重の安全対策がなされているので100%安全ですとず?っと言ってました。多分似たようなことを言われているのでは?言い換えれば破滅へのカウントダウン中ということです。死ぬこともあるでしょうでもそれは大きな問題ではないと思います生きている限りは生物は必ず死にます問題はどのように生きて、いつ、どう死ぬかです怖さというのは生存していく上で大切な感情です その怖さをどう生かすかです一番最悪なのは怖いと思うだけで何も行動しないことですよ対策?他人が行った対策を鵜呑みにして信じていれば防災など行えないと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です