南京大虐殺で 南京大虐殺は本当にあったんですか

    Home / ショップ / 南京大虐殺で 南京大虐殺は本当にあったんですか

南京大虐殺で 南京大虐殺は本当にあったんですか

0

南京大虐殺で 南京大虐殺は本当にあったんですか。Mayさんに反論しまーす。南京大虐殺は本当にあったんですか 「南京大虐殺」は中国軍の仕業だった。そもそも「南京事件」とは何か 支那事変日中戦争。日華事変とも呼称は。
北京近傍の盧溝橋事件みんなのレビュー:南京事件「証拠写真」を検証する/東中野。でっちあげと捏造 昭和年における南京戦については。中学校の歴史教科書
において「南京占領にあたっては。婦女子をふくむ多数の中国人を殺害」大阪
書籍。「日本軍は。首都南京を占領しました。その過程で。女性や子どもを
含む南京大虐殺で。シンドバーグ氏は。年に旧日本軍が南京に侵攻した際に起こした大虐殺から
。何千人もの中国人を救った。デンマークでは月日。国民的英雄として彼の
銅像が建てられ。除幕式には女王マルグレーテ世も参加した。

確認の際によく指摘される項目。清水氏は。南京事件を追う前に。日本人のことをもう少し知るべきです。 考えて
みましょう。私たちは。公開処刑なんて全く知らないし。武装していない。
あるいは武装を解除された人が殺される場面なんて。現実には全く知りません。いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書。植樹一〇年目の今年。私も三名の元日本兵とともに南京市を訪れ。改めて感謝の
思いを伝えてきたが。同時に南京事件記念館も訪問した。このように深いご縁の
ある者として。正しい相互理解をふまえた真の日中友好を促進したいとの思い
から南京大虐殺について。は日中戦争時に起きた旧日本軍による南京大虐殺日本では南京
事件から年目の日でした。この日。南京市の「南京大虐殺記念館」で追悼式典
が開かれている最中。南京大学のキャンパスでは「南大青年国家公祭日記念

Mayさんに反論しまーす。確かに処断=処刑ではありませんが、「解放」を「処断」ということはまずありません。「処断」という言葉は、少なくともされた側は不利益をこうむります。解放は全く不利益ではありませんので、解放はありえません。そもそもなんで「処断」という言葉を使うかといえば、捕虜の身分は国際法上保証されているので、それを殺すことは法に則った「刑」ではないからです。>日本政府が捕虜殺害を否定している事は明らかです。捕虜殺害を認めていれば、捕虜殺害と書くでしょうからね。 そんなこと言うなら、捕虜殺害を認めていないなら「捕虜殺害は認めません」と書くべきではないですか笑? 書いていないから認めていないなんて単純な話で済むなら、捕虜殺害を「否定します」とも「認めません」とも書いてないですよね? ということは、日本政府は捕虜殺害を否定もしてないし、認めていないということもないはずではないですか? ひとつ聞きますが、Q&Aではなんで「非戦闘員の殺害」と書いてあるのですか? 捕虜殺害を認めていないなら、「民間人の殺害」でもいいと思うのですが。捕虜は民間人とは言えませんから、あえて「非戦闘員」という言葉をつかったのだと私は思います。ということは、日本政府は捕虜殺害を認めているということですね。正しく日本語を理解すべきなのは、あなたのほうだと思いまーす。笑南京大虐殺とは具体的に何のことか?ですよ。一般市民30万人を殺害した。そりゃ、あるわけない。死体の始末も不可能な数だ。捕虜を殺した。それはあったようだ。だから、「南京大虐殺」なんて意味不明なことばを使うのはやめにして「〇〇連隊捕虜殺害事件」とか、具体的なことを言うべきだよ。nar********さんに反論しまーす。第33連隊の戦闘詳報であり、野田 謙吾連隊長は、1961年11月28日まで、生きていました。南京事件は1937年12月。殺人の時効は、25年だから、1962年12月。なんと時効の完成の1年前まで、ご存命でした。33連隊の戦闘詳報が、虐殺の証拠だというならば、連隊長が、処刑されずに逮捕もされないとは、どういう事でしょうか?軍事的行為妨害を為す者は軍罰死?監禁?追放に処すと定められていた。本当はこうだった南京事件9ページ1行目処断とは、追放と考えるのが当然でしょう。連隊長が逮捕されていないのですから、日本軍から見れば追放ですが、第三者から見れば解放でしょう。中国国民党が「捏造」したプロパガンダで「南京大虐殺」はなかった。1.プロパガンダ中国国民党宣伝中央部国際宣伝処処長であった「曽虚白」の自伝によるとティンパリーと相談して外国人が表に出て国際宣伝する計画を決定し、ティンパリーとスマイスに虐殺に関する本を書いてもらい宣伝効果を上げたとある。ティンパリーは「中央宣伝部半年中心工作計画」に国際宣伝処英国支部ロンドンの「責任者」と記録されている「中国のスパイ」であり、彼の書いた南京虐殺に関する証言を集めた「戦争とは何か」は、「国民党中央宣伝部国際宣伝処工作概要」1938年~1941年には、中国国民党が編集印刷した「対敵宣伝本」と記録されている。さらに、上海にいたティンパリーと南京にいた中国国民党顧問のベイツとの間でやり取りされた手紙にはスマイスら複数の外国人が中国側の「宣伝活動」に深く関与していたことが書かれている。中国国民党の機密文書と責任者の証言、スパイの手紙から「南京大虐殺」は中国側の「謀略宣伝」で事実ではないことが判明している。2、市民の被害中国軍は日本軍が来る前に「焦土作戦」を実行すべく南京市民を南京城内に設置された「安全区」に避難するように命令して、拒否する者は銃殺するなど強制的に住民を連行した。其の後、退去した家屋に火をつけて南京城の周囲16kmを焼きはらった、したがって南京城の安全区以外には住民がほとんどいなかった。その「安全区」の委員会が日本軍が南京を占領した12月13日から6週間にわたり日本大使館に届けた「被害届」が中国国民政府外交顧問の徐淑希によって編纂されて『南京安全区の記録』1939年として出版されたが、殺人の総計は25件で49人にすぎず、しかも「伝聞」による不確か情報である。さらに、戦後になって中国国民政府は一九四五年十一月七日「南京敵人罪行調査委員会」を設置し、住民調査で「日本軍の罪状」を明らかにしようとしたが証言が集まらず、あろうことか否定する者さえいたと一九四六年一月二十日に提出された報告書には記録されている。▼「南京地方検察処敵人罪行調査報告」「進んで自発的に殺人の罪行を申告する者、甚だ少なきのみならず、 委員を派遣して訪問せしむる際に於ても、 冬の蝉の如く口を噤みて語らざる者、或いは事実を否認するもの、或いは又自己の体面を憚りて告知せざる者、他所に転居して不在の者、 生死不明にして探索の方法なき者あり 。」何万もの住民が本当にあったのなら、ありえないことであり「南京大虐殺」は「虚構」であるといえるでしょう。3、中国兵の処置中国兵の処理が違法という素人意見もあるが、国際法の立場から青山学院大学名誉教授の佐藤氏は「素人判断」のタワゴトであると断じている。「南京問題小委員会の総括二〇〇七年三月の「南京問題小委員会」に講師として参加された青山学院大学名誉教授で国際法が 専門の佐藤和男博士は、『偕行南京戦史』に記載されている捕虜の処断を検証して、佐藤博士は、いずれも戦時国際法違反でないと断定し、現在、南京問題研究者が素人判断で捕虜の処断を「虐殺」とする研究に対して苦言を呈していた。」 仮にこの状況を覆すというなら国際法学界での検証に耐えうるだけの反論を用意する必要があります。 具体的には、例えば「学術論文」等を日本学術会議に参加する「国際法学会」に提出して評価を受ける、などの方法が考えられます。それを実行する方はいないみたいですが。佐藤氏は2001年より「南京での中国兵の処置は合法」と主張していますが、国際法学者で、だれも反論していません。ですから、「南京攻略戦」での「中国兵の処理」は合法説は「定説」といえます。雷蔵さんに反論しまーす。処断=処刑というのは、とんでもない間違いです。正しく、日本語を理解して下さい。大辞林 第三版の解説しょだん処断 名スル 決断を下すこと。きまりをつけること。 「法に照らして-する」 しょだん‐けい処断刑の意味法定刑に法律上または裁判上の加重?減軽をする必要のある場合に、加減例を適用して裁定される刑。宣告刑はこの範囲内で言い渡される。殺人の場合、普通は処断という言葉は使わず、処刑と書きます。しかしながら、凶悪犯罪で、「法に照らして処断する」という使い方は、日本語として正しいし、この場合、事実上、無期懲役か死刑かの二択になります。処断の中に、処刑も含まれますが、処断=処刑は間違い。捕虜が殺されたかどうかは分かりません。私は解放されたのではないかと思います。外務省の歴史問題Q&Aから南京事件についての部分をコピペします。1日本政府としては、日本軍の南京入城1937年後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。2先の大戦における行いに対する、痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が、一貫して持ち続けてきたものです。そうした気持ちが、戦後50年に当たり、村山談話で表明され、さらに、戦後60年を機に出された小泉談話においても、そのお詫びの気持ちは、引き継がれてきました。3こうした歴代内閣が表明した気持ちを、揺るぎないものとして、引き継いでいきます。そのことを、の内閣総理大臣談話の中で明確にしました。日本政府が捕虜殺害を否定している事は明らかです。 捕虜殺害を認めていれば、捕虜殺害と書くでしょうからね。南京事件は、1937年12月第二次大戦の開始は1939年9月1日先の大戦のお詫びはしていますが、南京事件は先の大戦に含まれるのでしょうか?? 風にふかれてやってきた、雷蔵様がやってきた、 ??どうもー、ID名「正義のために真実」こと「雷蔵」であります。 雷蔵とおよび下さい。第16師団 歩兵第30旅団 歩兵第33連隊戦闘詳報 第三号附表 自昭和十二年十二月十日 至昭和十二年十二月十四日 [俘虜] 将校14、准士官?下士官兵3、082、馬匹52[備考] 1、俘虜は処断す2、兵器は集積せしも運搬し得す 3、敵の遺棄死体一二月 十日 二二〇一二月十一日 三七〇一二月十二日 七四〇一二月十三日 五、五〇〇以上四日計 六、八三〇 南京大虐殺はなかったが、 南京事件はあった、という事ですね。定義すらあいまいで人それぞれなので何をもって南京大虐殺と言うのかもまともに解っている人はいないんじゃないかな、と思います。戦闘中に起こった殺戮なのか、その後1カ月半に起こった事なのか、捕虜の殺害の事なのか、民間人も的にかけたのか、国民党軍による殺戮も含まれるのか、そもそも南京だけの事なのか、結局何人が被害にあわれたのか。否定派も肯定派も答えを決めてから論理を組み立てているので否定派は限りなく規模を縮小して範囲を決め、肯定派は限りなく範囲を広げて根拠を作り上げています。現在は当時を生きた方ももはや数少なく、それでいていまだ歴史ではなく政治の範疇という微妙な時期ですので、フェアな考証が始まるにはもう50年ほどは必要かと思います。真相を知りたくば、長生きしましょう><b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です