円周角?接弦定理 円oの2つの弦をabacとし点aで接す

    Home / ギャンブル / 円周角?接弦定理 円oの2つの弦をabacとし点aで接す

円周角?接弦定理 円oの2つの弦をabacとし点aで接す

0

円周角?接弦定理 円oの2つの弦をabacとし点aで接す。D,EはAB,ACとの交点ですよね。円oの2つの弦をab、acとし、点aで接する円oの接線とbcの延長との交点をpとする 角apbの二等分線との交点をそれぞれd、eとするとき、ad=aeであることを証明せよ 接弦定理を使うものの最後まで行き着きません 円周角?接弦定理。1 右の図において,点A,B,Cは円Oの周上の点である.∠xの大きさを求め
なさい. 以上は,栃木県公立高校入試問題の引用 ∠x= ゜ ∠ABC=
゜÷2=° 2 右の図で直線 は円Oの接線で,点Aがその接点である.円oの2つの弦をabacとし点aで接する円oの接線との画像。

D,EはAB,ACとの交点ですよね。接弦定理で、∠PAD=∠ACB??①仮定から、∠APD=∠BPE??②△APDにおいて、∠ADC=∠PAD+∠APD??③△PCEにおいて、∠AED=∠ACB+∠BPE??④①②と③④から、∠ADC=∠AEDよって、△ADEは二等辺三角形だから、AD=AE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です