交通事故の体験談 この前交通事故にあいました 私0相手1

    Home / ギャンブル / 交通事故の体験談 この前交通事故にあいました 私0相手1

交通事故の体験談 この前交通事故にあいました 私0相手1

0

交通事故の体験談 この前交通事故にあいました 私0相手1。整骨院は医療機関ではなく医師の指示のない整骨院通院は法的にも医学的にも治療では有りません>>自己判断でお願いしますと言われ<<主治医が整骨院は認めないということですからこの状況での整骨院通院は治療でもなんでもなくあなたの趣味嗜好で通うだけのものです>>保険会社から整骨院の治療費など払われない事は<<あり得ますそういったことも含めて自己責任でということ整骨院ってヤブが多いから気を付けてね????ひどくなるかも???損保会社で人身事故の担当者をしています。この前交通事故にあいました 私0相手10です
現在整形外科に通っていますが働いているためなかなか通う事ができません
医者に整骨院に通うと話しましたが自己判断でお願いしますと言われ ました
保険会社からは医者の許可を貰えたらいいと言われました
この様な場合、医者はしっかりとは認めてるわけでは無いので整骨院に通った時、後から治療費など支払われない事などありますか 交通事故の損害賠償について。現在。配偶者に養ってもらっている状況のようですが。生計を共にしている配偶
者また相手は自賠責に対し治療費の請求をしたみたいですが自賠責からは
裁判所の昨日。交通事故にあいました。この投稿は。年月時点の
情報です。過失割合対の交通事故でケガの治療をする際に。相手方の任意
保険会社

事故現場でしてはいけない3つのこととは。交通事故の現場では。加害者は逃げたり念書を書いたりしてはいけません。
このような状況の事故現場では被害者は。事故の相手が「損害は弁償するので
警察には届けないで下さい」と言ってくることが。たまにあります。ですが
この要望を受け入れることは。軽い接触事故でどう考えても車を少し修理すれば
いいだけだと確信できる状況でもない限り。拒否してただ。その場でお金の
ことを決めたり念書を書いたりしないということについては。上で説明した
とおりです。交通事故の体験談。交通事故示談体験者プロフィール事故形態車対車負傷内容むちうち示談金万
円保険会社の対応満足裁判を起こし勝訴した私の話です過失割合は対
だが弁護士依頼交通事故の体験談|相手が点滅信号を無視。

交通事故に遭った時の過失割合って。全体をとして。双方の落ち度を「」「」などと表します。 この
割合は。道路や法令順守の状況。あるいは相手が歩行者またはクルマか。事故を
防止すべく注意して行動したかなどを踏まえ。過去横断歩道を渡る歩行者に。
左折するクルマが接触した場合。歩行者の過失に対しクルマというのが基本
の過失割合になります。に過失がある場合であっても。人身傷害保険があれば
損害を穴埋めでき。他の保険から+αの補償を受けられることも多いということ
です。交通事故にあいました。国民健康保険に加入している人が。交通事故などの第三者自分以外の人
による行為で負傷したり。病気になった場合は。保険証を使って治療を受ける
ことができます。 しかし。その場合の治療費は本来加害者が負担するべきもの
です

交通事故犠牲者の手記「妹よ」。事故現場は交番の近くで。病院へ5分とかからない距離でしたが。救出に時間が
かかり。随分時間が経過してから。病院へ私自身。理不尽な交通事故に遭いま
した。事故後の検証でわかったことですが。父が衝突される寸前。事故を避け
ようとしてハンドルを精一杯切った跡があったことを剪定した庭木の枝など
片付けていた私に。10時頃。「一寸。お使いに行って来ますよ。子や孫たち
には。肝に銘じて。他人に。この様な悲しみを負わせないよう。きつく戒めまし
た。

整骨院は医療機関ではなく医師の指示のない整骨院通院は法的にも医学的にも治療では有りません>>自己判断でお願いしますと言われ<<主治医が整骨院は認めないということですからこの状況での整骨院通院は治療でもなんでもなくあなたの趣味嗜好で通うだけのものです>>保険会社から整骨院の治療費など払われない事は<<あり得ますそういったことも含めて自己責任でということ整骨院ってヤブが多いから気を付けてね????ひどくなるかも???損保会社で人身事故の担当者をしています。>後から治療費など支払われない事などありますか?整骨院でかかった「施術費」がお支払いの対象外となる可能性はあると思います。そもそも医師が「自己判断で」と言っているのは、「私は知りませんよ。自分で判断して自分で決めてください」という意味です。普通は少なくとも保険担当者はそれを「許可がもらえた」とは言わないと思います。※念のため、ご質問者様の担当者に確認してみてください。>最終的には整形外科の医者にはバレますか?ご質問者様が保険担当者に、「主治医から許可をもらった」とウソをついて整骨院に通院をしたとします。保険担当者は、「主治医が整骨院への通院に許可を与えた」と思っていますので、その前提で病院に照会をかけると、そこからバレる可能性があると思います。すべてのケースで病院に照会をかけるわけではありませんが、治療期間が長くなれば、その妥当性についての照会がなされる可能性が高くなります。それはそれとして、個人的に整骨院への通院はお勧めできません。適切な賠償は適切な治療行為を前提にしているからです。また、整骨院でおこなわれる柔道整復術には、「治療」としての効果が期待できないからでもあります。追伸私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。保険会社からは医者の許可を貰えたらいいと言われました。整骨院自体は「治療行為」は出来ませんので、「治療費」と言う概念がそもそもありません。要するに、「医者の許可」と言うのは『治療の一環』として医師が指示している、ということです。なので「治療」でない以上、「隣のおじさんにマッサージしてもらった」のと同じ扱いですから補償対象にはなりません。*整骨院は医療機関では無いので診断書の作成が出来ません。*整形外科医の指示があれば通院しても保険対応可能です。*医師の指示が無く整骨院を受診する場合は、自己負担となります。?また治療の結果、症状固定になっても医師でないと診断書が書けませんから、後遺障害の申請が出来ません。☆仕事の都合で通院できない?遅刻?早退?欠勤については休業損害を請求出来ます。立場上無理な場合は、整骨院での治療を認める医師を探し、一度医師を変えてから通院しましょう。○ 整骨院に通って、最終的には整形外科の医者にはバレますか??あなたが整骨院に通っても、その後今までの整形外科を受診しないない場合は、別の医療機関に移る以外は治療打ち切りとなり、今までの診療費が保険会社から支払われますから、その後あなたが何処で治療しようがその事実を整形外科が知ることはありません。わたしは保険会社の社員ではありませんが、そこらの社員より詳しいです。ありえます。治療上は整骨院に通う必要が認められない,という事になってしまう可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です