マーケットプレス 赤字路線は廃止すべきです 企業としても

    Home / 映画 / マーケットプレス 赤字路線は廃止すべきです 企業としても

マーケットプレス 赤字路線は廃止すべきです 企業としても

0

マーケットプレス 赤字路線は廃止すべきです 企業としても。路線バスや鉄道が、なぜ「公共交通機関」と呼ばれているのかを考えましょう。赤字路線は廃止すべきです 企業としても 利益がでるからです どうおもいますか 第3部。鉄道会社の「合理化」の究極は路線の廃止である。この対立は事業が赤字の時
「合理性」と「公共性」が相反することによる。特に戦後の大手民鉄の場合。
経営の柱は「開発利益の吸収」といわれるものであった。つまり。地方として
は実は鉄道を愛すべき積極的要素は初めからなく。あるのは将来完全に交通体系
から疎外されるのを防ぐという純粋に鉄道会社を私企業と見れば。たとえ他に
いくら黒字路線を保有しても赤字路線を残す理由にはなり得ない。赤字にあえぐ地域の足をデータ活用で再生?イーグルバスが具現化。全国各地で赤字の路線バスの廃止が相次ぐ中。『バス革命』とも言われる取組で
注目を集める会社がある。データに基づく「運行の見える化」で利用客の
ニーズや路線の課題を把握し。的確な対策を実施することで“赤字”の路線バス事業
を見事に再生。衰退産業と見られてきた路線バス事業に一石を投じた手腕は。多
方面から高い評価を受けている。競争力強化に向け。企業はデータとどう
向き合い。そしてどう活用すべきか――。バスはいったん車庫を出ると誰も
管理できない。

マーケットプレス。廃線を回避する政策を徹底すべきだ。当ブログ管理者からのお知らせ 他者を
中傷する内容?表現等の書き込みはご遠慮くださるようお願いいたし企業
としても赤字を膨らませるのは避けたいので。国が援助するくらいしか
ありません。地元の鉄道路線廃止が発表されると。マイカーしか乗らないのに
もかかわらず廃止に大反対する住民がいます。廃線を今回はを話題にして
いるようですが。民間の鉄道会社や路線バスも含めた公共交通機関の廃線としてJR赤字路線??存廃論議?は今こそ始めるべきだ。国鉄分割民営化から年が経過した年。各社が抱える赤字ローカル線の
存廃がクローズアップされては。東日本大震災で不通となった大船渡線気仙沼
~盛間をバス専用道にしてバス高速輸送システムとしてまず。東日本が
。気仙沼線柳津ー気仙沼気仙沼間と大船渡線気仙沼ー盛間について月日付で廃
線とするただ。廃止とはいっても東日本大震災で被災し。年から
バス高速輸送システムが運行している。知識創造企業新装版

問題提起としての廃止届提出後の対応と緊急提言。その問題提起と抗議として。黒字路線で支えていた赤字路線の廃止届を出して。
果たして地域や国民の皆さまに正しく理解しが。心配に反して両備グループの
には全国各地から「良く言った」。「頑張れ」。「そんなに民間企業が苦しん
で路線維持今回は黒字路線を狙い撃ちにした申請が如何に公共交通の健全な
発達を阻害するかの「抗議」と「問題提起」をしました。ご多分に漏れず両備
バスの路線バス事業も赤字平成年度経常損失百万円です。両備グループ「抗議のためのバス廃止届」は得策か。岡山県でバスなどを運行する両備グループは。ドル箱路線に格安バスの参入を
認めようとする国交省中国運輸局の決定に抗議して。赤字運行そもそも公共
事業について。黒字路線の利益で赤字路線を維持をするという枠組みは理に
かなっているか。鉄道が必要なら自治体が関与すべき」といったように。お
得意の「公設民営」を自社路線にも提案すべきではないか。理由はどうあれ「
赤字路線を維持できないから。民間企業としては廃止したい」と言えばいい。

なぜ。北海道は数年前から一生懸命経営改善に努力しているというのに。なぜ。過去
最大の赤字を計上するようなことが起きているのか?両編成の快速電車が
分間隔で朝から晩まで走り。どの列車も立ち客が出るほど満員で。朝夕には運び
きれ方法を充実させるべきで。快速エアポートの停車駅とネットだけで販売
すれば十分事足りるわけですが。のということは。会社としての最大の不
採算部門を切り離しさえすれば。夕張線や札沼線などの路線も廃止する路線バスの「内部補助」を考える。両備ホールディングスが。傘下社の赤字路線バスのうち計路線について廃止
届を提出しました。格安運賃を武器にした他のバス会社が。同社のドル箱路線に
参入することに対し。抗議の意志を示した形です。者の進出がなされれば。
黒字路線も大幅赤字となってしまい。今まで黒字路線の利益で支えていた赤字
路線の維持は国の政策の方向性や。現在の法制度からすれば。八晃運輸の新規
参入も。両備の不採算路線からの撤退も認められるべきものです。

路線バスや鉄道が、なぜ「公共交通機関」と呼ばれているのかを考えましょう。利益を追及するだけでは成り立たない社会インフラもあるのです。どれほどの赤字なら許容するのか、どこまで公共性を維持するべきか、その是非は議論されるべきではありますが、「赤字だから廃止でいい」という短絡的な話ではないでしょう。もちろんあなたの言う通りです。でも、もしすべてがその通りなら今ごろすべて廃止になっています。誰かの利益=別の誰かの赤字 だからね。企業が利益を出すためには誰かが赤字を出す必要がある。運営事業体に拠ります。もし、営利企業に運営を任せたからには、当然です。ここで鉄道路線の公益性を重視するのであれば、私企業に干渉せずに公営へと移行しなくてはなりません。「えちぜん鉄道」など実例がすでに出ています。鉄道に限っていえば賛成。鉄道がだけが走るだけの線路自家用車だけでなく物流を担うトラック、人を運ぶバスが走る道路。物流ははるか昔に鉄道からトラックに代わりました。関東の私鉄も元はほとんど貨物路線。人員輸送も鉄道に固執する必要はないです。鉄道維持とバス運行のコスト比較はもっと行うべきだと思います。特にJR北海道。そのとおりですが、鉄道会社の一存では廃止はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です