スピーカー スピーカーケーブルの末端処理 ビニールを剥が

    Home / アニメ / スピーカー スピーカーケーブルの末端処理 ビニールを剥が

スピーカー スピーカーケーブルの末端処理 ビニールを剥が

0

スピーカー スピーカーケーブルの末端処理 ビニールを剥が。君の場合の様に。スピーカーケーブルの末端処理 ビニールを剥がして先端をねじる必要はあるのでしょうか アンプとかスピーカーの接続部分が、ネジを回して挟むタイプなのですが、接続した時に細かい銅線の束をねじらずに穴に入れて挟みました オーディオコーナーとかの接続部分を見ると先端をねじっている事に、気づいたのですが、なぜねじっているのでしょうか <スピーカーケーブル&オーディオ端子のつなぎ方>端末被覆の。<スピーカーケーブル&オーディオ端子のつなぎ方>端末被覆の剥き方。繋ぎ方
。先端カット処理。ラグ端子ケーブルを直接スピーカー端子に接続するだけ
でなく。ラグ端子などをケーブルに取付するケースについても。組ケーブル
の被覆を電工ペンチで剥がします。100円ショップのビニールテープで巻い
ても十分ですが。粘着テープが染み出てベトベトになるので。

スピーカーケーブルの末端処理。スピーカーケーブルのおすすめ人気ランキング25選手軽に高音質。ドレン線が内蔵されたシリーズは。端末処理のしやすさが持ち味です。
シールドには線を使用しているため。電磁ノイズ?静電ノイズに強いのが
利点。アルミラップシールドを使用したスピーカー。逸品館のオーディオ使いこなし技 スピーカーの繋ぎ方と スピーカーケーブルの
末端処理?ビニールを剥がして先端を スピーカーケーブルについて|サウンド確認の際によく指摘される項目。しかし。被覆をはがしてみると。芯線が細かったです。 スピーカーボックス内の
配線用に購入したので。二本をパラにして使用しました。 二本で使えケーブル
は端末処理されていないので自分で加工する必要があります。問題はそれでも
披覆のビニールが剥がれにくく。中の銅線もかなり細いものが束ねある為。
カットした時に。どうしても何本かが断線してしまうようです。先端の処理が
難しい

『先端処理について教えてください』。先端処理の前に そのままSP端末に接続なのか? バナナプラグとかの使用ですか
? 止めるのにコードが細過ぎるとかなければそのままですね。 そのままバナナ
プラグのネジ[。アルミシールドで覆われた白い絶縁被覆を先端部を剥がして銅の芯線を剥き出し
にする。 アンテナケーブルスピーカーケーブルの端末処理と合わせてか所。
端末処理したケーブルを。スピーカーターミナルの手ねじを緩めていき。
更に止水テープ。ビニールテープで巻きつけて錆防止を図る。

君の場合の様に ネジらずとも端子の穴に スッポリと入りさえすれば 全く必要がありません。皆さんが言う様に ネジる理由は ほどける事で穴からはみ出してしまう事があるからです。 はみ出してる程度なら問題はありませんが ソレが隣接するコードや端子の金属部、本体の金属部に触れてると、ショートを起こしてしまいます。 それが元でアンプなどが壊れる事もありますからね。写真にある様に 多くのケーブルは よられてネジられて製造されているので シールドビニールねを取る場合には 切り込みを入れた後に よられている向きと同じ方向に 回転させながら取るのが一番ですよ。 これで金属部に触れる事無くイイ感じで仕上がります笑指で裸線をよじると 指の脂分が線に付き酸化が早まります。 写真は上が成功例。 下が失敗作ですね笑ネジを回して締め付ける際、コードをよじってないと、ほつれるから。一本でも、ほつれると、ショートし、アンプが破損する。差し込みやすいネジで押したときにバラより確実に線が圧せるバラ線で指をささないで済むショート防止ねじる理由は皆さん書かれていますので、割愛します。出来れば、半田メッキした方がいいのです。ねじる事で、手油その他が付き、経年的には腐食の原因となります。それをなくす為には半田でメッキをしておく方がいいのです。それにそうして置けば、ターミナルの穴にも突っ込み易くなります。捩るのは束線が解れない為です、単線なら当然ですが捩りませんし出来ません。それ以外にも端末処理をしてより確実な接続を目論む方法もあります。こんなWebも参考にしてください。バラバラにならないようにバラバラになると設置面積が少なくなるからですよ基本的というか普通末端処理はねじります。ねじらない状態で使用しますと、ひげが出て線がばらけてはみ出してしまう場合があります。その状態で使用しますと、隣どおしのひげが接触する可能性があり、音がおかしくなったりアンプの保護回路が働いてシャットダウンすることがあります。はみ出しによって+と-がショートするため。これらの事故を防ぐために末端処理はねじるのが普通です。ねじらないと導線が束にならずバラけてしまいます。丁寧な人はねじった上で半田で固める人もいますしY型プラグを圧着する人もおられます。導線全部がちゃんと接触していれば問題がありませんが最低でもねじった方が良いように思います。ねじるのはこよる目的ですね。こよりとは数本の銅線をひねってからみ合わせ、一本の紐のように作ることでバラけ無いようにするとヒゲが出ずに穴に入り易くなります。ヒゲが何かに接触するとショートしてしまうからです。より良い方法としてはY端子等にケーブルを圧着してスピーカー端子に取り付ける方法がよくとられます。捻った方が先がばらけ難くになり、穴に通し易いからです。解れない様に捻るのです その他に隣の端子に接触も考えられるので捻る訳です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です