ショアジギングについて YouTubeなどでプロの方が

    Home / ギャンブル / ショアジギングについて YouTubeなどでプロの方が

ショアジギングについて YouTubeなどでプロの方が

0

ショアジギングについて YouTubeなどでプロの方が。私はプロでもなんでもないですがこれまで3度4号PEを切られました。ショアジギングについて
YouTubeなどでプロの方が青物狙っているタックルでPEライン3号や4号を使われています 大物といえど、10キロ以上は滅多につれないでしょうし、PE2号でもメーカーにより ますが約15キロぐらい耐えれます
切られないようにする為にはリーダーを太くすればいいと思いますがなぜメインラインを太くしているのでしょうか

私はプロでもなんでもないですがこれまで3度4号PEを切られました。ジグで1度、プラグで2度あります。青物を何本も釣っていると、7,8キロはある程度余裕を持ってやりとりできるので、滅多に釣れないとは言え目標とするターゲットとしては10キロ以上になってくる人が多いです。ショアでベイトを使う人は100LBリーダーを15mとったりしていますが、スピニングではせいぜい5m以下に抑える場合が多いです。なので、ライン自体の劣化や少しでも擦れに強くするためにメインラインを太くします。また、大型フックを使っているとフッキングもそれだけ強く入れなければなりません。細いラインでドラグを緩めていたのではフックがカエシまで掛からないこともあります。フッキングがPEラインにとって過酷な荷重になるのは言わずもがなです。PEラインは瞬間的な荷重に弱いですからね。その為に「ショックリーダー」がある訳ですが、メインラインが太いに越したことはないです。私もアワセで一度切れたことがあります。リールのドラグは常に一定のトルクが掛かるわけではありません。例えドラグ性能が優秀なステラを使っていたとしても、引き出す速度が上がればラインに掛かる負荷も大きくなります。下位モデルになればその差はより大きくなり、大型青物に一気にラインを引き出された場合、ドラグをラインの破断荷重より低く設定していたのに切られる、ということが起こり得ます。私もこれは2度経験しました。根掛かりくらいだとドラグが滑ってラインが出るのに、フッキング入れた瞬間一気に走ってジャーッ!とドラグが出て数秒後にブレイクです。ま、長文になりましたが要は「PE3号4号でも切られる」んです。ご覧になられたプロの方もプライベートでは仰せの2号を使うかも知れません。プロはメーカー筆頭の凄腕実演販売営業マンです。撮影の際は、使用するタックルをより魅力的に魅せ、確実に釣り上げる事を第一に行動しなければならないと思いますので、操作性を犠牲にしてもオーバースペックの物を選択すると思いますし、プロであれば一般人にはオーバースペックと捉えられるものも、円滑に扱える技量を備えているはずです。強度は静荷重にて計測されています。実際には擦れや、衝撃の伴う急な荷重がかかる事もあり、その際にかかる負荷は静荷重の何倍にもなります。千載一遇のせっかくのチャンスを道具の不備で逃すのは、とても悲しく、しばらくモヤモヤが続きますので、考え得る状況に対応できるような支度をしたいものです。遊びが遊びで無くなるほど夢中になると、そのように考えるようになっていくのだ思います。魚が10kgだったら、その魚が走る分だけさらに負荷がかかるからじゃないの?滅多に釣れないものを釣るってのも動画に見所がでる大事な要素で、それを最低限のラインでやってて取れなかったなんてなったら残念すぎるからじゃないでしょうか。メインラインもリーダーも必要以上に太めにしてるのではないかと思います。あくまで自分の考えですが。もし大型釣れた時に2号ではガチンコファイト出来ないと取れないと思います。ヒラマサやカンパチは根に走りますのでドラグを絞めて強引に浮かせる必要があり、その際にPE2号では耐えられません。番組は撮れ高もありますし仕事ですからバラして悔しいでは成り立たないと思いますので余裕のあるタックルで挑むと思います。>10キロ以上は滅多につれないでしょうしそれを釣るためにやってるのです結果として釣れなかっただけです細いと切れ易い、瀬回りの勝負ができない、などなどの理由でラインは太くしています『10キロ以上は滅多につれないでしょうし』と論ずる方にはご理解できない領域です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です