シュレーディンガーの猫 ?シュレディンガーの猫 ?ブロッ

    Home / ギャンブル / シュレーディンガーの猫 ?シュレディンガーの猫 ?ブロッ

シュレーディンガーの猫 ?シュレディンガーの猫 ?ブロッ

0

シュレーディンガーの猫 ?シュレディンガーの猫 ?ブロッ。カルネアデスの板オッカムの剃刀不気味の谷ダモクレスの剣スワンプマンアキレスと亀コウモリであるとはどのようなことか双子のパラドックスディオゲネスの樽エラトステネスの篩リチャードソンの夢マクスウェルの悪魔ロシュの限界ヘンペルのカラス水槽の脳胡蝶の夢見えざる手無限の猿メンガーのスポンジシェルピンスキーのカーペット良い警官?悪い警官テセウスの船ディラックの海シュレーディンガーの猫は天才シュレーディンガーがコペンハーゲン解釈に対してお前らバカなの。?シュレディンガーの猫
?ブロック理論
?悪魔の証明
?五分前理論
?ドリームタイム
?親殺しのパラドックス
?仮想現実理論
?
?
?

こういった理論 、おもしろ仮説 をたくさんご紹介くださいませ
それと、こういったものを総称して、なんと呼ぶのでしょうか シュレーディンガーの猫。シュレーディンガーの猫」のパラドックスを, シュレーディンガー描像の下に説明
するウィグナーの友人」が箱の中を見たときとかそれを「ウィグナーの友人」
があなたに伝えたときとかに。 猫はどうなっているのだろうか?量子力学を
拡大解釈してすなわち,量子システム理論と考えて,すでに物理学からは離れた
理論

「シュレディンガーの猫」のパラドックスを中学生でもわかるよう。シュレディンガーの猫」のパラドックスを中学生でもわかるように解説――
ノーベル賞学者が思考実験で伝えたかった真意とは?シュレディンガーの猫」
とは。オーストリアの理論物理学者エルヴィン?シュレディンガーが年に
提唱した思考実験です。円周率=4」を証明してみせましょう。百均。シュレディンガーの猫。パブロフの犬。マクスウェルの悪魔とかですかね
悪魔の証明。と言いたいところだけど動物入れるならラプラスの魔かなもっと
普通っぽい動物が良いのだろうけど思いつかカオス理論がどうとか北京で蝶が
羽ばたくとニューヨークでハリケーンというパワーワードが中二心を

シュレディンガーの猫の話の流れを分かりやすく解説。「君たちのその理論が正しいとしたら。生きていると同時に死んでもいる猫が
存在することになるよ?おかしくない?」と相手の理論の問題点をつくための「
たとえ話」なんです。 シュレーディンガーは「箱量子力学は自由意志を救済するか。例えば。シュレディンガーの猫のときのように。ラジウムとガイガーカウンター
を使った装置。この分野は。量子脳理論という分野で。汎経験説の一種みたい
。正直ここまでくれば。決定論のほうに転向したほうが気分的には楽なん
だけど。そうだとしてもブロック宇宙説で因果性を否定するニュートン力学の
決定論的な因果律では。ラプラスの悪魔みたいに。ある瞬間の全宇宙の状態を
観測できたら。次の瞬間の全目的論的証明とは 世界は精巧で美しい。

カルネアデスの板オッカムの剃刀不気味の谷ダモクレスの剣スワンプマンアキレスと亀コウモリであるとはどのようなことか双子のパラドックスディオゲネスの樽エラトステネスの篩リチャードソンの夢マクスウェルの悪魔ロシュの限界ヘンペルのカラス水槽の脳胡蝶の夢見えざる手無限の猿メンガーのスポンジシェルピンスキーのカーペット良い警官?悪い警官テセウスの船ディラックの海シュレーディンガーの猫は天才シュレーディンガーがコペンハーゲン解釈に対してお前らバカなの?死ぬの?wという嫌味の意味で作った思考実験でそんな深い意味はないのだが量子って不思議!ほらシュレーディンガーも言ってる!みたいな扱いになっているシュレーディンガーが可哀想圧力や温度のように、量だけあって大きさのない4次元空間の中に、煎餅のような3次元空間があり、表を明日に向けた状態で、光速で明日に向かって移動している。だから、光速を超える事はできないし、明日は必ずやってくる。3次元空間にはブラックホールという穴も開いていて、ここに落ちると昨日へ向かって落ちて行くから、観光バスに途中で置き去りにされた人のような状態になる。タイムマシンで過去や未来へ行っても、3次元空間は無いのだから、時間旅行はできない。 このような科学的根拠に乏しい説明と、科学的な説明は、分けて考えます。科学にとって価値のある説明とは、事実を量的に測定できる説明だから、この説明と実際に測定した結果は、一致しなければなりません。論文ではここまで求められませんが、特許は完成品なので厳格に求められます。 光が粒なのか?波なのか?わからない時代には、月水金には粒と考え、火木土には波と考える。日曜日は?神に教えを請う!という事で科学的に価値のある説明に困り、シュレディンガーの猫のようなパラドックスが出てきたのです。その後、不確定性原理が出てきて、実は???神様もご存知なかった!という事になり、昭和44年度は、巨人の星飛雄馬が投げる消える魔球「大リーグボール2号」が猛威をふるい、日本シリーズでもパの阪急を降ろして、史上初の5連覇達成???古すぎ! とにかく、波の状態と粒の状態が確率的に重なっているというか、重なった一つの量子なのです。電子をスリットに通せば、シマシマ模様ができるのだから波としての性質があり、その先は数学的な計算で済ませているのが量子力学です。実際に作ると、機械なのに生体反応で動いていて、単体は性質を持っている。複数集まると性質を変えてしまう。さらに集めて組み合わせると複雑怪奇な事になり、分子の集団としての動きは、数学的に極限をとっても計算できないから、物理式で計算する事になります。科学的に価値のある説明をしようにも、宇宙空間は大きいし、量子になると小さすぎて測定ができない!困った事に、物理法則自体が常識とは違っているから、解りにくい物がさらに解りにくくなります!シュレーディンガーの猫の思考実験は、次のとおりです。 まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れます。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生装置を1台入れて置きます。 もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死にます。 しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残ります。 「一定時間経過した後、猫は生きているか死んでいるか」と言う問題です。 ラジウムは、原子番号88の元素で元素記号は Raです。安定した同位体は存在せず、天然には4種類の同位体が存在します。 ラジウムはアルファ崩壊してラドンになります。アルファ粒子は、陽子2個と中性子2個ヘリウム4の原子核からなります。アルファ粒子は不安定なラジウム核のアルファ崩壊にともなって放出されます。 この様に、ラジウムはアルファ崩壊して、原子番号と中性子数が2減り質量数が4減るので、ラドンとなります。 実験に使用するラジウムの全ての粒子の状態を正確に把握出来れば、実験時間内に一つでもアルファ崩壊を起こすか否か計算出来ます。その場合、猫は生きているか死んでいるか結論が導けます。それが、果たして可能なのでしょうか。 量子力学では、粒子は波として表現し計算します。 ドブロイは、物質を物質波の方程式①「λ= h/mV」λ=波長? h=プランク定数?m=物質の質量?V=物質の速度と表現しました。 これについての詳細は、 ドブロイの物質波 を参照下さい。 この様に、全ての物質は波長と速度で表され計算されます。これを波動関数と言います。しかし、この「ドブロイの物質波」の方程式は、次の様な困難=不確定性原理を抱えています。 「不確定性原理」は、②「h/2πパイmΔx×ΔV」と表現されます。 h=プランク定数=6.629069×10^-34J*sジュール×秒?πパイ=円周率3.141592?m=物質の質量単位:㎏?x=波長単位:m?V=速度単位:m/秒です。 言葉にすると、「物質の位置を正確に確定しようとすると物質の速度が不確定になり、逆に物質の速度を正確に確定しようとすると物質の位置が不確定になる」です。 この「不確定性原理」により、ラジウムの波長と速度を正確には確定出来ません。その為、量子物理学では、ラジウムのアルファ崩壊の過程を正確に計算することが出来ず、アルファ崩壊が実験時間内に一つでも起こったかについて、イエス?ノーの結論は出ません。 ただ、確率的に、ラジウムのアルファ崩壊は60%起こり40%起らなかったとしか言えません。つまり、ある現象が起こったか起こらなかったかと言う相容れない2つが重なり合った状態として結論を表現するしかありません。 冒頭に戻ります。量子力学では、アルファ崩壊が起こった確率が60%?起こらなかった確率が40%なので、実験後猫は60%死んでおり40%生きていることになります。しかし、猫が死んでいるか生きているかはお互いに相容れません。生きているか死んでいるかしかないのです。 この様に、実験に使用するラジウムの全ての粒子の波長と速度を正確に記述することが出来れば、その中で所定時間内にアルファ崩壊する粒子があるか否か計算し結論が出ます。実験後、猫は生きているか死んでいるかはっきりします。 しかし、量子力学の手法では「不確定性原理」により、ラジウム全ての粒子の波長と速度を正確に記述することが出来ず、所定時間内に実験に使用するラジウムの中の粒子がアルファ崩壊を起こすか否かは確率でしか表現出来ません。従って、猫は60%死んでおり40%生きていると言う矛盾した結論となるのです。 シュレーディンガーは、量子力学の確率的表現を巨視的に見ると矛盾に陥ることを「シュレーディンガーの猫」の思考実験で表現しました。詳細は、下記のホームページを参照下さい。ウィキでは「思考実験」で沢山例が出てるよ。でも本当は偏った間違いだと思う。思考実験の言葉の本来の例ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です