カトリック カトリックとプロテスタントどちらがはじめに教

    Home / アニメ / カトリック カトリックとプロテスタントどちらがはじめに教

カトリック カトリックとプロテスタントどちらがはじめに教

0

カトリック カトリックとプロテスタントどちらがはじめに教。カトリック信徒のものです。カトリックとプロテスタントどちらがはじめに教会に行ってみるのにおすすめですか 理由も教えて頂ければ幸いです カトリックとプロテスタント。キリスト教の人口やカトリック/プロテスタントの割合や違いについてもまとめ
ていますので参考にして下さい。カトリックは。イエス?キリストの弟子たち
が作った「初代教会初期キリスト教」の流れを汲んでおり。当初はキリスト
教の主流ともいえる教派でした。 それが父と子と聖霊」は三位一体といっ
て カトリックとプロテスタントで違う部分もわりと多いんだけどね。はじめに
キリスト教にはカトリックとプロテスタントという大きなふたつの宗派が
あります。日本人の知らない教養「カトリック」と「プロテスタント」の。最も多くの方が知っている教派は。何といっても「プロテスタント」と「
カトリック」でしょうもう一つ。日本まずは。これらの教派がどのように
成立したか。大ざっぱに説明してみます。カトリック」と「プロテスタント」
は先に書いたようにどちらも「西方教会」の教派ですが。違いはいろいろ

カトリック。今回は。カトリックとプロテスタントにしぼってその違いをざっくりまとめてみ
ます。これから教会を選ぼうと考えている人は。新型コロナの状況が落ち着い
たら。カトリックとプロテスタント。どちらも行ってみるといいと思います。「正教会って。はじめに キリスト教は中世の初めまで。自分たちのことを「聖なる公なる使徒の
教会」と呼ぶ一つの教会でした。さらに。一六世紀になってローマ?
カトリック教会から。その教えや教会のあり方に反対する人たちが現れ。
プロテスタント教会が生まれ。プロテスタントぜひ。一度。東京のニコライ堂
に問い合わせて見学にいってください。ために。お弟子さんたちの前でお魚を
むしゃむしゃ食べたり。十字架に釘づけられた傷を見せて。さわって見なさいと
命じたりしました。

「カトリックとプロテスタントの違い」を非クリスチャン向けに。カトリックの神父とプロテスタントの牧師の違いから。地味で細かい教義の違い
まで。初心者向けに。そこそこカトリック 伝統性を保持; 強い一本集権 一番
わかりやすいところを説明すると。こういった感じになる。 その詳しいところ
西方教会において。「キリスト教の一番重要な教義つったらこれっしょ!」と。
大昔の会議でほら。映画とかで見たこと無い? 絵画で有名な。カトリックとプロテスタント。その中心をローマの司教座に置くことからローマ教会。ローマ?カトリック教会
とも呼ばれる プロテスタントやカトリックであることを自認する割合が。年
どちらが良いというわけではありませんが。こういった違いがあるという事を
覚えておくとよいですね!ここで十字をきりながら。 はじめにキリスト教には
カトリックとプロテスタントという大きなふたつの宗派があります。

カトリックとプロテスタント。あるいは。教会に関係される方で身の回りの感触とし はじめにキリスト教には
カトリックとプロテスタントという大きなふたつの宗派があります。これだけ
を見ていると。カトリックは伝統的かつ厳格なイメージを持ってしまいますが。
ある意味。神へのことは専門家に任せておけば良いともどちらが良いという
わけではありませんが。こういった違いがあるという事を覚えておくとよいです
ね!

カトリック信徒のものです。 なので、カトリックと言いたいところですが、キリスト教にはカトリックとプロテスタントの他に正教会という教派もあります。お茶の水のニコライ堂といえばわかるでしょうか。そこの教派です。どうも、キリスト教を少しだけわかった方というのは、キリスト教はカトリックとプロテスタントと言って、正教会のことがすっかり抜け落ちている方を多々見かけますので、ご注意なさってください。 さて、最初に書いたのですが、私はカトリック信徒ですので、カトリックをお勧めします。 私自身のことになりますが、キリスト教の信仰に入るときに、カトリックか正教会かには悩みましたが、プロテスタントは初めから除外しました。 というのも、もともと、プロテスタントはカトリックから勝手に出ていった一部の人たちが始めたのですが、自分たちで、勝手に教義を都合よく改変していると感じたからです。 それと、カトリックがプロテスタントと別れたこと自体が、神の教えに反するということです。 キリスト教では「人と人を分け隔てることができるのは、神だけ」とされています。プロテスタントはカトリックから勝手に出ていった、つまり、神の意志ではなく、自分の意思、人によって分け隔てたのです。つまり、神の意思に背いて、人と人を分け隔てたのです。 カトリックと正教会との関係は、東西ローマ帝国の分離などの歴史的な経緯から、地理的にも隔離され、自然な経緯で別れていったものです。ですから、カトリックと正教会は神の意志によって、分け隔てられたのです。 確かに、プロテスタントが歴史的に見てカトリックにいい意味での影響を与え、カトリック教会の刷新を招いたことは事実です。ただ、その歴史的な役割はもはや終わったのです。だけど、自分たちで勝手に教義を改変してしまったから、戻ることができなくなったのですよ。それも、神の意思に背いて、人と人を分け隔てたからです。 ルターがカトリック教会の刷新をしたいのなら、カトリック教会から逃げ出して出ていくようなことではなく、カトリックの中で、刷新して行けばよかったのです。彼は教会の分裂という大きな罪を犯してしまったのです。 さらに、このプロテスタントの厄介なところは、教派の中で、無数の教義が生じてしまったことです。プロテスタントの考え方では、1人でも自分の教派が作れてしまいます。この結果、プロテスタントには、無数の教派ができてしまいました。結果として、聖職者の質の確保も、十分でない教派も一部にはあることも事実です。 このような観点からすると、カトリックは、全世界で統一した1つの教義ですし、聖職者の育成に関しても、十分すぎるぐらいの時間と金をかけて、質を保証しています。聖職者には、俗世的な義務を負わないように、厳格な独身性を要求しています。家庭を持ってしまうと、家族の扶養が必要になるので、そのようなことがないようにです。聖職者はすべてを神に捧げられるためのものです。 カトリックでは当たり外れはほとんどありません。一方、プロテスタントの場合、当たり外れが大きく、中にはカルト的な教派もあります。 リスクを避けるという観点からも、カトリックの方が、初めての方には安心できますよ。 それから、老婆心ゆえの補足ですが、教会というところは神様と出会うところであって、人と出会うところではありません。よく教会内の人間関係で躓いてしまう方がいるのですが、それは、教会で神様ではなく、人を見てしまっているからなのです。ですから、教会では、まず神様の方向に目を向けてください。そのことを心掛けて行くと、周囲の人のことも、あれこれと気になることはないですよ。 質問者様がよき信仰に招かれますように アーメンカトリックですね。どちらか、というのなら。いろんな宗派の意見が飛び交うインターネットの掲示板では「聖書だ、聖書だ」「聖書に書いてある」という人が意見が強いです。ですが、ミサと聖書とどちらが先に成立したのかと言うと、ミサが先に成立しています。聖書そのものも、主が聖書を書いたとは言っていませんが、パンと葡萄酒を弟子たちに分けて「これを行いなさい」と命じたと書いています。それがいわば最初のミサです。カトリックさんの今のミサは、だいぶ簡略化されていると私自身は感じます。が、古くからのラテン語のミサであれば、びっくりするほど当初のものと変わっていません。いえ、それでもカトリックさんのミサは簡略化されたものだとは思いますが、中心部分はほとんど変わりません。プロテスタントが聖書でないものを攻撃するというスタンスなので、まるでミサが後からできたかのように思っている人が多いのですが、それは嘘です。ミサのほうが実は先なのです。今の人々がいうのでは、まるでミサは聖書から離れた人々が勝手に作った形式であるかのように言っていますが、全然歴史から離れた嘘八百です。それで、私が言いたいのは、ミサそのものに注目なさいということ。みな、その起源を無視し、軽視しています。実はこちらの方が重要なものなのです。もし参加することが許されるならそれに参加し、また可能であればもっと古い形式にご注目なさい。それがもともとの教会なのです。本当は正教のほうがいい。王門元の言葉では美しい門というのですがに、生神女福音いわゆる受胎告知と4つの獣?4福音記者のイコンがあるのが普通です。正教のミサ聖体礼儀は、歌と祈祷だけではなく、建物もその形式の一部になっています。で、あそこにその絵があるというのは、私が思うに、とても正しい。それぞれのシンボルが何を訴えたかったのかわかっているからこそ、あそこにあの絵が描かれたと思います。本当はカトリックにも同じ区分聖所、至聖所、啓蒙所の区分はあるけれども、それほどはっきりわかるようにはなっていない。カトリックさんの場合柵があるか、綱が引いてあります。今は謎めいて感じられる聖書の内容について、当然と言えば当然のことですけれど、初期の信者さんと言うのは分かっていたし、解いていたのです。そして、ここまで来ればわかるよ、という内容にして残しておいてくれています。そういうのが見られるのは古い教会のほうです。プロテスタントはキリストがなくなってから1500年も経ってから分家した全くの新興宗教で、古いものを破壊することに躍起になっています。自分はそれはお薦めできない。もっとも、それはあなたが探しているのなら、と言う前提です。カトリック組織がしっかりしてるので地域差が少ない。あからさまに勧誘されない。プロテスタントは色々あってわからないでしょ。良いところもあるかも。。カトリックの方が礼拝!という感じはしますが、どこかよそよそしい感じがします。プロテスタントも、ゴリゴリで礼拝後に詰め寄られて、居心地悪いしかもしれません。手前味噌ですが聖公会は両者の中庸的なな感じです。立教大学、聖路加病院など有名どころがあるのもそのおかげかもしれません。結論は質問者様で決めてみて下さい。カトリックも煌びやかな教会もあります。ただ、キリストを信じるのに必要か?など考えてしまうかもしれません。良い教会み巡り会えたら良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です