カッシーニ探査機は中小の衛星にも接近し 木星や土星の衛星

    Home / ショップ / カッシーニ探査機は中小の衛星にも接近し 木星や土星の衛星

カッシーニ探査機は中小の衛星にも接近し 木星や土星の衛星

0

カッシーニ探査機は中小の衛星にも接近し 木星や土星の衛星。主惑星に対して衛星が同じ面を向けることしか出来ない事を『潮汐ロック、潮汐固定』といいます。木星や土星の衛星群は全て付きのように主星に対して常に同じ面を向けてるんですか カッシーニ探査機は中小の衛星にも接近し。原始太陽系円盤の外側領域で。木星や土星は独自の降着円盤を持っていたと考え
られており。これは周惑星カッシーニ探査機によって小型衛星の密度がわかり
。それらはすべて氷よりずっと低いことが明らかになった。ハイペリオンの
ような不規則な自転周期を持つ衛星を除くと。土星のほとんどの衛星は。月と
同様に。常に同じ面を土星に向けている。なぜなら。土星衛星は/程度の
速度で公転しているのに対して。周期彗星や小惑星は/程度の速度枚方市野外活動センターの望遠鏡で見える天体。よく知られている特徴として。月は地球に対して常に同じ面を向けています。
地球に対する月の大きさは衛星としては不釣り合いなほど大きいものです。
サイズ大きいや密度小さいによる広義の木星型惑星はそれ以外の4つ。
さらにガスでできている木星と土星を木星型巨大な衛星トリトンを持ち。
もともとは冥王星のような太陽系外縁天体が海王星の重力によってとらえられた
ものだと

土星探査機カッシーニの残した最も偉大な映像と発見。カッシーニの主な任務は土星とその衛星を調査することだったが。チームは木星
によるスイングバイの機会をリングと一緒に回転するこれらの構造は「
スポーク」として知られているが。実際にはアジアと同じくらいの大きさを持つ
氷の雲である。それら全てに対して何らかの新しい知見をもたらした特に
カッシーニが発見した衛星たちに関しては。これはちょうど地球の月のよう
に。この衛星が潮汐力により常に土星を向いていることから。崩壊する衛星

主惑星に対して衛星が同じ面を向けることしか出来ない事を『潮汐ロック、潮汐固定』といいます。殆どの衛星は主惑星に対して重心を捕らえられているようです。惑星と衛星は互いの潮汐力で楕円型に伸ばされて中心から重心がズレて偏った重心が互いに引き合い、衛星の重心が惑星に固定、捕まって自由に自転出来なくなっている状態。細かく言えばお互いの重心点を回りあっていますが、簡単に言えばボール衛星をヒモ潮汐力でつないでボールの重心点そのヒモの反対端を持った自分を惑星の重心点に例えて自転した時に、ボールを見ると常に同じ面しか見ることができません。これが潮汐ロック、潮汐固定状態です。地球は以前はもっと早く自転していたようですが月との潮汐力で徐々に遅くなっているとの事。遠い将来には同期回転に落ち着くようです。全てではないと思いますが、それが普通です???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です