なぜ山陽本線の河内ー本郷大門ー笠岡三石上郡の間で車

    Home / IT / なぜ山陽本線の河内ー本郷大門ー笠岡三石上郡の間で車

なぜ山陽本線の河内ー本郷大門ー笠岡三石上郡の間で車

0

なぜ山陽本線の河内ー本郷大門ー笠岡三石上郡の間で車。駅間が長いので、乗客が何か用事がないか車内を歩いているんじゃない。なぜ山陽本線の河内ー本郷、大門ー笠岡、三石、上郡の間で車掌がうろついているのですか トンネルがあるからですか 上郡。山陽本線の上郡~三石間は県境が船坂峠となっていて。雄大な線形を描いてい
ます。 高嶺神社への登山参道のほぼ終点近くに鉄塔があり。そこが駐車スペース
になっています。 鉄塔の脇に。数段の階段があり。そこを登って

駅間が長いので、乗客が何か用事がないか車内を歩いているんじゃない。駅と駅の間が長いので車内の見回り兼もしお客さんが用事がある時に話しかけてもらうためだと思います。ラッシュ時や混んでいる時はないことがあります。駅間が長くて、車内をあるく時間があるから。安全チェックも兼ねて、きっぷ販売などしているだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です